Back to blog

X100Tの後継機に欲しいもの(アクロス)。

07/19/2016 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: ,

富士フイルムのX-T2が発表されたり、X-Pro2と比べたりしていましたが、X100Tの後継機も楽しみなところです。

From FujiFilm

X100Tは、位相差撮像素子による速いAFや、高性能な固定式レンズがあったりと非常に良いカメラです。そしてX-Pro2やX-T2などから色々と想像できないものかと考えました。

OVFとEVFを兼ね備えたビューファインダーは変わらないところでしょうか。

クラシッククロームのフィルムシミュレーションに加え、アクロスモードが追加されると嬉しいです。アクロスモードは先進的なCPUでないと画像処理できないそうなので、ファームウェアの更新ではできません。搭載されるとしたら後継機です。

個人的には、私はRicoh GRを持っているので28mmとワイドコンバーターGW-3で21mmの広角側をGRで撮影し、X-100Tで35mm、TCL-X100で50mmを揃えたいところです。主要な焦点距離を2台のカメラで賄える、なかなかおもしろいカメラ変遷ではないでしょうか。

ところで、X100系列の次の名称は何になるのでしょうか。最初がX100、続いてX100S、X100Tと発売されました。私は密かに「S=Second」で二番目、「T=Third」で三番目、と思っているので「X100F」として「F=Fourth」かと考えています。普通に「X200」だったりしても驚きませんが。


« | »