Back to blog

デジタルカメラの画素数の落とし穴。

02/14/2012 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: ,

ワタクシ、初めて買ったデジタルカメラは300万画素でした。
しばらくして、画素数戦争が起こり、各社のデジタルカメラが
500万画素→600万画素→800万画素→1000万画素→1200万画素→1600万画素
と増えて行きました。

そして、今は落ち着いたように見えるんですが、画素数が多いと良い、というような感覚は未だあると思います。
まぁ、条件が一緒ならば画素数が多い方がイイんですが。定量的には。

しかし、画素数は面積なのでAPS-C等の3:2センサーで1600万画素はおよそ4896×3264画素、1200万画素はおよそ4288×2848画素です。(4/3では4:3ですね、1200万画素はおよそ4032×3024画素)

というわけで一辺で図るとルート(√)換算にする必要があります。
1200万画素から1600万画素に増えた場合、一辺はおよそ1.15倍増えた事になります。15%・・・。

テレビで言えば37インチと42インチの違い。

2430万画素あるSonyのNEX-7でおよそ1.4倍、3630万画素あるNikonのD800で1.7倍。
人間の目が「倍の大きさ」と感じるには画素は四倍にならなければいけないんですね。

じゃあ1200万画素から1600万画素って・・・大した事ないですね。

とりあえず、デジタルカメラの機種で画素がちょっと増えたり、変わらなかったり、ちょっと減ったとしても一辺の画素数はあまり変わらない、と。
画素数よりも階調(ダイナミックレンジ)があるとか、高感度(高ISO)だとか、ローパスフィルターが無い・薄い等の方が画質に影響ありそうですね。

« | »

4 Comments

カメラ友達 9年 ago

ですね。
さらに言ってしまえば、フルHDモニターで見る=200万画素、300dpiでL判プリント=160万画素、くらいで十分なんですよね。

でも・・・以下、自らを納得させるため・・・。
ただし、300dpiと480dpiでプリントしたものは良く見ると違いますし、A4までなら家庭でもよくプリントすると思います。
480dpiでA4=2200万画素。
逆に2200万画素あると、300dpiでA3ノビ。
また、横長で撮影したのを縦長にトリミングすると、3:2センサーで画素数4/9、980万画素=300dpiでA4でまだ余裕。(面積半分くらいまでトリミングできるのは大きいですよ。まあ撮るときにちゃんと寄れってことなんですが)
もちろんピクセル単位まで解像していることが条件だし、諧調も必要ですけど、1200万画素で満足できるかと言われると・・・。

katslefty 9年 ago

ええ、ワタクシはオーバー2000万画素は否定しません。A4伸ばし、トリミングの際は解像度はあった方がいいですとも。(ただ、1200万画素と1600万画素を比べると、あまり差はないと言いたくて・・・)

ちなみに、5DIIのセンサーでピクセル単位まで解像するには39lp/mmで大概のレンズはいけそうですが、NEX-7では64lp/mmとちょっと高性能が必要かな?といった感じです。

もちろん、センサーはRGGBなので「÷4」だったりして。その辺はよくわかりません。
そうなったらSigmaのMerrill規格は51lp/mm。いいところですね、ローパスもRGGBもないですし。

カメラ友達 9年 ago

読み直すと、2200万対1200万になってますね。すんません。
5DIIは2100万画素なんで、フチありで計算するとちょうど上に書いたような関係になるかと。