Back to blog

VollebakのCarbon Fiber T-shirtを買いました。

04/11/2021 - Posted in コダワリのモノ Posted by:

Tags: ,

VollebackというブランドのTシャツを買いました。

Carbon T-shirt Grey
Vollebackサイトより

この『Carbon fiber T-shirt』は読んで字のごとし、『カーボンファイバーTシャツ』になる訳ですが、コンセプトとしては、強度を追求するTシャツだそうです。

このシャツは、その高い引張強度と軽量性から、通常はミサイルやジェットエンジン、世界最速の自動車に使用されているカーボンファイバーを、航空宇宙や軍事工学の世界から切り離し、服に取り入れ多そうです。1枚のTシャツには、120メートル以上のカーボンファイバーが織り込まれています。カーボンファイバーは原子構造を持っているため、鉄よりも強いそうです。このTシャツはソフトで軽量でいて、通気性、伸縮性、吸水性に優れていますが、カーボンファイバーは強度と耐摩耗性を高め、肌を守る役割を果たしています。

160年前、カーボンファイバーはスワンやエジソンによって繊細な電球のフィラメントとして使われていました。炭素繊維が高強度材料として使用できることに気付いたのは、20世紀半ばのことです。米国では、ミサイルの高温プラスチック部品を補強するために炭素繊維がすぐに開発された。英国では、国防省が製造工程の特許を取得した後、ロールスロイス社にライセンス供与し、炭素繊維製の圧縮機ブレードを搭載したジェットエンジンを製造したそうです。

カーボンファイバーという素材は、このような個々のカーボンフィラメントが何千本も束ねられ、コーティングで保護されています。これらの大きな炭素繊維は、その繊維が破断せずにどれだけの引っ張り力を発揮できるかで分類されます(これを引張弾性率といいます)。鉄の引張弾性率が約2900万ポンド/平方インチ(PSI)であるのに対し、炭素繊維の引張弾性率は約30〜1億4500万PSIで、鉄の5倍の強度があります。

スポーツやアドベンチャーには予測不可能なことがたくさんあります。Tシャツの表面全体に耐摩耗性を持っています。四方にカーボンファイバーが張り巡らされています。つまり、岩や木、あるいは時間の経過がどこを襲おうとも、あなたをカバーすることができるらしいです。

カーボンファイバーTシャツは通気性があり、親水性もあるので、汗を吸ってもすぐに排出され、快適でドライな状態を保ちます。外側は超弾力性がある一方で、裏側はソフトでシルクのような手触りで、一日中着ていても苦になりません。また、トップの重さはわずか170gなので、耐摩耗性のために余分な重量を背負うこともありません。

色はインナーに良い感じのライトグレー。ネイビーやベージュのパンツと合わせます。

« | »