Back to blog

四年に一度のiPhone SEの戦略とは。

04/19/2020 - Posted in Web・PC・App関連 Posted by:

Tags: ,

2016年のiPhone SEに続き、今年2020年のiPhone SEが発売されます。4年ぶりになります。

iPhone SE

初代iPhone SEはiPhone 5をベースにしていましたが、最新の2代目iPhone SEはiPhone 7/8をベースとしています。

AppleのSE戦略は二つの誤解があると考えています。

一つは、SEは4インチディスプレイのiPhone 5/5S相当のサイズでなければいけない、という誤解。個人的にはiPhone 5Sは大好きです。薄さの追求よりも体積を少なく、カメラにバンプもなく、エッジが心地良かったです。

2014年のiPhone 6と6 Plus以来、私たちはサイズの選択肢を与えられました。しかし、それらの選択肢は「小さいと大きい」ではなく、「大きいとより大きい」選択のように感じいました。どうも私は今のiPhoneが大きく感じるんですよね。

4インチの2016年版iPhone SEは、Appleが意図したかどうかは別として、単に小さくなっただけでなく、目的が違うと感じました。

しかし、それは2016年のiPhone SEがどういうデバイスであったかという問いではなく、Appleの戦略的立場から見ての目的です。そうあるべきだったのかもしれません。今回のiPhone SEが同じく4インチデバイスでiPhone 5と同じサイズであったと期待した人は多かったと思います。私も期待こそありましたが、iPhone SEの戦略的な意味を考えた時にはこのiPhone 7/8の4.7インチデバイスで納得しました。

そこで、新しいiPhone SEの第二の誤解ですが、iPhone X時代の否認モデルとしての販売、ではありません。確かに、これまで以上に大きいサイズ、高い価格、ホームボタンなしのインターフェイス、大規模なマルチレンズカメラアレイと対応する突出したバンプ、Touch IDの代わりにFace IDなど、新しいiPhone SEは、これらすべてのものに対するアンチテーゼであることは確かです。しかし、iPhone SEの存在はPhone X時代の何かを否定しているわけではありません。

この2020年のiPhone SEについて戦略的に新しいものは何もありません。2016年の初代iPhone SEの戦略をほぼ正確に再現と言っても過言ではないでしょう。

2代目のiPhone SEが登場したことで、Appleが古い名前を再利用したのは初めてのことです。『特別版』SEの名前を冠した2つのiPhoneは通常版のiPhoneから戦略的に異なる点です。

通常版のiPhoneには(初代以外は)番号がついています。iPhone 4から始まり(3と3GSは番号というより通信速度の仕様)、通常版のiPhoneはすべてナンバリングされています。ナンバリングされたiPhoneは、外見は新しく、中身は改良された技術を提供してきています。

iPhone SEはこの連続性から外れているので、スペシャルエディションという訳です。見た目は数年前のスマートフォンのようで、技術の一部は数年前のものです。しかし、他の側面では最先端の技術(例えば、チップシステム)またはほぼ最先端の技術(例えば、カメラ)です。

これはiPhone SEのパターンであり、2016年と2020年モデルの両方に適用可能な側面です。

iPhone SEは通常版の間のサイクルのちょうど中間に表示されます。通常版のiPhone(2011年の4Sから始まる)は9月か10月初旬に登場し、SEは3月(2016年)か4月(今年)に登場します。(そして、もしAppleのサプライチェーンへのCOVID-19の混乱がなければ、今年のSEも3月に登場していたと強く思います)

初代iPhone SEが登場したのは、前身であるiPhone 5Sから2年半後。新型iPhone SEは、その先代モデルであるiPhone 8から2年半後に登場した。つまり、通常版の新型iPhoneに登場してから2年半後にSEのフォームファクターが登場したということで、ここにも共通点があります。

初代iPhone SEは、当時のiPhone 6Sと同じ、当時最先端のA9システムオンチップを搭載していました。新型iPhone SEは、当時6ヶ月だったiPhone 11と同じA13を搭載しています。

同じフォームファクターの前モデルと比較してカメラが改良されているのも共通点です。iPhone 5SはiPhone 6と同様に800万画素のメインカメラを搭載していました。2016年のiPhone SEは12メガピクセルのカメラを搭載した5Sを上回り、当時の新型6Sに匹敵しました。新しいiPhone SEは、センサーとレンズはiPhone XRのそれと同等のメインカメラでiPhone 8を賭けています。しかし、実際にはiPhone SEは(iPhone XRのA12と比較して)A13のイメージングパイプラインのため、カメラシステムとしてはXRよりも優れているはずです。これは、新しいiPhone SEがiPhone XRにはないポートレートモードの機能をサポートしているという事実からも明らかです。

低価格を実現している点も共通点です。2016年モデルと2020年モデルのSEはどちらも400ドルから。しかし、エントリーレベルの2016は16GBのストレージをケチっていて、64GBにアップグレードすると500ドルに価格が移動しました。新しい400ドルのSEベースモデルは、64GBのストレージがリーズナブルで、128GBまたは256GBにアップグレードすると、それぞれ450ドルまたは550ドルになります。2016年モデルのSEはお買い得だったが、2020年モデルのSEはさらにお買い得です。

iPhone SEは、人気のあるフォームファクタの最終版であり、そのフォームファクタが今後何年もラインナップに残るように設計されています。2016 SEはAppleの最後の4インチiPhoneでした。なので、私はこの新しいiPhone SEが最後の4.7インチモデルであり、したがって、Touch IDホームボタンとiPhone-X以前のユーザーインターフェースを備えた最後のモデルになると予想しています。

愚かちも私はこのiPhoneに失われたiPhone 9の称号を冠するのかと思いましたが、スペックを見て、それはほとんど意味をなさないだろうと思い直しました。iPhone 9というスマートフォンは10未満を意味しますが、iPhone XよりもiPhone SEは高性能です。A13 SoCを搭載した新しいiPhone SEは、iPhone 11のパフォーマンスと同等であり、iPhone X / XR / XSのすべてのiPhoneよりも優れています。新しいSEは、単一のメインカメラレンズを搭載しているので10未満と言えなくもありませんが、A13イメージングパイプラインとニューラルエンジンのおかげで、同じシングルカメラのiPhone XRに少なくともわずかに優れています。工業デザイン的にはiPhone 9ですが、技術仕様の序列として異なります。

数字(ローマ数字Xを含みます)は通常版の年間iPhoneのためのものであり、iPhone SEは不定期版であるため、少なくとも現在までのところ、4年に一度のサイクルであるように見えます。第3のiPhone SEがあるかどうかはわかりませんが、あるとしたら4年後にはあると思います。

通常版のiPhoneは1年サイクルです。通常版のiPhoneはデビューから1年後には価格帯の低いところでラインナップに残るか、Appleのラインナップから完全に消えます。双方の例として、2018年のXSとXS Maxは1年後に姿を消し、11 Proと11 Pro Maxに取って代わられました。しかし、2018年のXRは、iPhone 11に取って代わられたものの、実は現在のラインアップには価格を抑えて残っています。

iPhone SEエディションの違いの一部は、そういうスケジュールではないことです。2016年のiPhone SEは、400ドルというラインアップの最安値モデルとしてデビューしましたがその後は何年も全く変わらず、そこに留まりました。そのため、私は新しいiPhone SEは、スペックも価格も変わらないまま、何年もラインナップに残ると予想しています。

新しいiPhone SEと比較する価値のあるiPhoneは3つあると思っています。

旧型の2016年版のiPhone SEと2020年版iPhone SEを比較すると、新型のiPhone SEはかなり大きくなっているものの、4年分のスピードアップと、遥かに優れたカメラを搭載しています。古いiPhone SEの唯一の欠点は(小さい方が良いと感じている場合は)、その大きくなったサイズです。

iPhone 8と比べて、新しいiPhone SEは、主に同じように見えます。しかし、iPhone SEのそうがより速くなっており、より良いカメラを搭載しており、そしてより少ない価格です。iPhone 8もしくはiPhone 7の正常なアップデートと言えます。

iPhone XRに比べては、興味深いです。iPhone XRは64GBモデルが600ドル、128GBモデルが650ドルです。2020年版iPhone SEは64GBモデルが400ドル、128GBモデルが450ドル、そして256GBモデルが550ドルです。外見では、iPhone XRは新しく、iPhone SEは古く見えます。iPhone XRははるかに大きなディスプレイ(6.1インチ対4.7インチ)、現代的な全面ディスプレイの外観、そしてTouch IDの代わりにFace IDを搭載しています。iPhone XRは明らかにiPhone-X以降のデザインであり、新しいiPhone SEは明らかにiPhone-X以前のデザインです。

しかし、スマートフォン内部は、新しいiPhone SEはA13、iPhone XRはA12のチップとなっています。iPhone SEはより高速なコンピュータです。そして(上述したように)カメラのハードウェアは同じですが、A13の改良された画像処理パイプラインにより、新しいiPhone SEは少なくともわずかに優れたカメラになるはずです。

しかし、容量を考えた時に、新しいiPhone SEは同等のiPhone XRよりも200ドル以下の価格です。そして、iPhone SEは256GBの構成で提供されていますが、それはもはやiPhone XRでは利用できません。

そうなると、iPhone SEと比較した時のiPhone XRの価値は、CPU的な性能やカメラの仕様ではなく、iPhone-X以降のデザイン、ハードウェア的には全面ディスプレイ、という事になります。それば目新しさよりも親しみやすさを大切にしている一部のiPhoneユーザー(その多くは、年配の方や技術的に詳しくない方)にとっては、新しいiPhone SEは、見た目も、使い心地も、古いiPhone 6や6Sと同じように動作することは、大変好ましいのです。

Appleの2020年の通常版のiPhone(iPhone 12? iPhone 11S?)が通常のスケジュールで発売されると仮定すると(コロナウィルスでどうなるかわかりませんか)、私の推測ではiPhone XRはAppleの公式ラインナップから消えてしまうと思います。また、iPhone 11はラインナップ内の600ドルの価格位置に移動し、iPhoneの次期モデルが700ドルの位置になると思います。

iPhone XRか消えてこそ、新しいiPhone SEは非常に良い価格帯に位置することになります。現在においては、異常な程のコストパフォーマンスです。

« | »