Back to blog

Panasonic、Leica、SigmaのLマウントアライアンス。

10/02/2018 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: , ,

L-mount

PanasonicとLeicaとSigmaがアライアンスを発表しました。そして、Panasonicがフルサイズのミラーレス機『Lumix S1』を発表しました。

Panasonic S1とSigmaのLマウントカメラ

NikonのZやSonyのA7のように高解像度モデルの『S1R』と通常モデルの『S1』。どちらも他の会社と比べて動画に特化したものでしょう。

Lumix S1のマウントはアライアンスからライカLマウントだそうです。

PanasonicのLumixですが、ボディ内手ブレ補正とレンズ内手ブレ補正の両方が使えます。これだけでも凄いです。

EVFに期待します。Leica SLはEVFが凄く綺麗なので、そろそろ日本のメーカーでも同等のEVFを搭載したカメラが欲しいです。EVFの見えで冷めてしまう場合もあるので、期待しています。

そして、SigmaもLマウントのFoveonセンサーフルサイズ機を開発しているそうです。

これわ・・・凄いです。

レンズマウントの共有

LeicaのSL用のLマウントレンズと、SigmaのFoveonセンサーが公式に使えるのです。SigmaのレンズでPanasonicの動画が撮れるのです。

静止画に定評があるFoveon、動画に定評があるLumixと、かなり色々と使い方が想定できます。

選択肢があるのは良い事です。Leica SLで小さいレンズが使えたり、Sigmaのカメラで軽いレンズが使えたりします。

それだけではなく、SigmaのSAマウントをLマウントに変換する「SA-L」アダプター、Sigmaのキヤノン用レンズをLマウントに変換する「EF-L」アダプター、PanasonicのLeicaブランドレンズ、LeicaのMマウントレンズのアダプターまで使えます。

とは言え、三社ともカメラメーカーであり、三社ともレンズメーカーでもあります。しかし、それぞれのユーザー層が大きく被る事はなさそうです。どちらかと言うとPanasonicがLeicaとSigmaの両方と関係を持っているので架け橋となりそうです。Leicaとはブランドの共有でレンズ銘を使用しており、PanasonicのデジタルカメラがLeicaのモデルとしてリブランディングされてた時代もありました。Sigmaのレンズはマイクロフォーサーズもあるので、Panasonicのカメラに使う事ができます。

Lマウントの可能性

昔から、各社のカメラとレンズを使い回せないか期待していましたが、ビジネス上は仕方ないと思っていました。昔のLスクリューマウントやM42マウントの時代のように一つのマウントで様々の会社のレンズが発売されていた事はもうないのではないかと思っていました。以前、フォーサーズがそうなるものかと思いましたが、採用した会社はレンズメーカーが多いですね。

このアライアンスは基本的な部分では、多くのカメラが使え、多くのレンズが使える事を意味しています。早い段階で数多くのレンズが揃い、価格帯も性能も様々です。

それだけではなく、システム間も比較的楽に変える事ができます。例えば、動画が好きだった人がFoveonに魅入られたらレンズを買い揃える事もなくFoveon画質がすぐに使えたり、更に魅惑のLeicaのレンズにグレードアップする事もできます。

そして、より柔軟なカメラライフ、レンズライフが可能です。例えば、Leica SLを持っている方は数本の素晴らしいレンズと、より求めやすい価格帯でリーズナブルに汎用性の高いレンズを揃える事ができます。

私が今一番欲しいPanasonicのカメラは?と聞かれて、GH5Sと答えたら意外でしょうか。
(レンズも発表された「LEICA DG VARIO-SUMMILUX 10-25mm F1.7」、かなり良いと思うのですが・・・)

« | »