Back to blog

富士フイルムのXF90mm F2 R LM WR、大口径望遠レンズ。

05/20/2015 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: ,

大口径の望遠レンズは使いどころによっては唯一無二の写真が得られると思います。縦倍率によって空間が圧縮され、かつ被写界深度が浅い描写は普通のレンズではなかなか得られません。

From FujiFilm

富士フイルムのXF90mm F2 R LM WRはかなり大口径な望遠レンズです。

性能的な特徴は口径食の少なさや、ほぼ円形の玉ボケを開放絞りでも得られます。また、望遠レンズとしては嬉しい60cmの最短撮影距離や。リニアモーターによるAF駆動、撮影距離による球面収差や色収差の変動を抑えたレンズ構成など、一級品の写りだと思います。

私は望遠レンズは気に入ったものを持っていますが、AFのものは持っていないのでいつか手に入れようと思っています。

最新のFUJIFILM X-T10や他のXシリーズのカメラのAF精度によって、強力なレンズと成り得ます。

富士フイルムのロードマップを見ると、XF35mm F2 Rが楽しみです。

« | »