Back to blog

iPhone 6のカメラ。

09/10/2014 - Posted in Web・PC・App関連 , 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: , ,

iPhone 6とiPhone 6 Plusが発表されました。とても良い商品だと思います。確実に進化しており、デバイスとしてとても質の高いものに仕上がっています。

色々と思うところはあるんですが、とりあえず目に止まったのはカメラと写真の機能です。

From Apple

私が一番進化したと思ったのは、位相差センサーの搭載です。これでAFがとても速くなると思います。位相差センサーが「すっ」とピントが合うさまはとても気持ちが良いものです。果たしてiPhone 6も同じように気持ちの良いAFとなるのでしょうか。

光学手振れ防止にしても、iPhone 6 Plusのみですが、A8プロセッサ、ジャイロスコープ、M8モーションプロセッサを用いて光学手振れ防止機能を果たしております。機能としては新たなものですが、既に備わっているハードとソフトを組み合わせて実現しているところから、製品としてのデザインが秀逸である証明だと思います。

また、ビデオの1080p、FaceTime側のカメラの向上など、隙のないアプデートが随所に伺えます。

私が一番凄いと思ったのは、スマートフォンに位相差センサーを入れてしまうAppleのiPhoneを写真機としてより良いものにしていく姿勢です。

ただし、ひとつ気になったのはこのカメラの最外部、レンズのちょっと外のサファリガラスカバーらしきものが突出していますね。しかもカメラがフィーチャーされていない写真では、画像の加工かで削っていますし・・・。なんか潔くないというか、デザイン的にAppleらしくないというか。もしくは、Appleは当然ここは面一にしたかったところでしょうから、これは光学レンズメーカーが必要として突出したんでしょうか。そうなったらエンジニアの勝利、ということで面白いですが、やっぱりカッコ悪いですよねぇ。

« | »