私的カメラレンズの原則。

その一。良いレンズは売ってはいけない。です。 その二。良いレンズを評価する時はレンズではなく、そのレンズで撮った写真を見るべし。です。 できれば一年くらい使いたいです。 その三。良い写真を撮るのにレンズはあまり関係ない。 […]

最新のレンズについて。

イマドキのレンズは全て性能が高いですよね。明るいFナンバーと滑らかなボケ、開放から高い性能で絞りで性能が変わらず、周辺まで高い解像度。これは結果的に暗所でのレンズになってしまいます。 また、こういったFナンバーが明るい現 […]

光学責任者が語る“ライカレンズの美学”。

ライカレンズの魅力を探るDCWatchの連載に、レンズ開発責任者のピーター・カルベ氏のインタビューが掲載されています。 レンズ設計の思想と、マックス・ベレク氏から100年近く受け継げられているノウハウを垣間見る事ができま […]

GR Lens:デジタル版。

GRのフィルム版のレンズは高い性能を誇り、そのコンセプトがレンズ断面図から見て取れますが、デジタルのGRはどうでしょう。斜め写しでカッコいいですが、なかなかHPのレンズ断面図ではわかりにくいですね。 特許公開番号2013 […]

GR Lens:フィルム版。

フィルムの高級コンパクトカメラのGRですが、その特徴は何と言ってもレンズの描写力です。とにかく写りが良い。絶対に設計者にカメラ好き、写真好きな方がいたと思います。 このレンズは解像度が高いだけではなく、絞りが変更されても […]

大口径中望遠レンズorマクロレンズ考。

マクロレンズは昔から好きです。フィルム時代でも特に明るさが必要無い場面ならば、F2.8はそれ程困りませんし、本当に良いマクロレンズはマクロ領域のみではなく中間距離25m辺りまで高性能でした。ポートレートなどには持ってこい […]

Sonnetar 50mm F1.1。

MS-Opticalの宮崎さんのSonnetar 50mm F1.1が。 From Misc まじすか。 欲しいよ。 Tokyo Camera Style Japan Exposures

富士フィルムX100のレンズ。

富士フィルムFinepix X100の特設ページに、レンズにまつわる開発ストーリーが掲載されています。 以前より、電源オン時にレンズが繰り出さない設計にはとても好感を持っていて、私の理想に近いです。 全ての凸レンズに高屈 […]