好きなのはOVF。でも未来はEVF。

いわゆる電子ビューファンダー(Electronic View Finder – EVF)のカメラを使っており、便利だと思います。絵作りのフィルターやモノクロが直に見えますからね。EVFのミラーレスカメラのおかげでどんどんカメラが小さくなりますし、今では未来の技術として間違いなくEVFはデジタルカメラの中核を担うのだと感じます。

でもね。光学ビューファインダー(Optical View Finder – OVF)が好きなんですよね。
(さらに…)

AS2OVのバックパックを買いました。

前々背負いやすいバックパック、子供とのお出かけに使えてそれなりの荷物も入るバックパックが欲しかったのですが、いいモノを見つけました。

GR019554

AS2OVのバックパックです。UNBYという会社の自社生産ブランドで、バッグがメインです。UNBYという会社名も塩梅から来ており、AS2OVも遊ぶから来ているそうです。

(さらに…)

AS2OVのポーチを買いました。

AS2OVのポーチを買いました。UNBYという会社の自社生産ブランドで、バッグがメインです。UNBYという会社名も塩梅から来ており、AS2OVも遊ぶから来ているそうです。

GR019553

ポーチも色が決め手です。バッグインバッグとして使うため、バッグの中で目立つ色であることが重要です。このオレンジ色が暗いバッグの中でも明るく目立ちます。また、縦に入れると中サイズのバッグでもすっぽり収まるA5サイズです。
(さらに…)

雨の中の桜。

今年の桜も散ってしまいそうです。満開の時が生憎の雨でした。

GR019561

でも雨に塗られた桜も綺麗ですし、曇り空を背景に見るとくすんだ背景に花が映えるかもしれませんね。雨の桜もいいもんです。

(さらに…)

梅田に孫悟空がいました。

梅田の期間限定ジャンプショップにて。悟空が無作為にかめはめ波を放っていました。

GR019558

息子もドラゴンボールが大好きです。小学校でも根強い人気があるみたいです。

Red Mangoの野菜・果物ジュースを好んで飲んでいました。

アメリカ出張中に、野菜不足を懸念していたのですが、なかなか良い摂取方法がありませんでした。スーパーは近くにあるのですが、ホテルに戻っても切ったりできませんし、食べるのも一苦労です。

なのでジュースで代用しました。フローズンヨーグルトで有名なRed Mangoですが、スムージーもありました。

アメリカでステーキを食べました。

WBC2017の準決勝で惜しくも破れてしまった日本代表ですが、折角なので決勝も見ることにしました。メキシカン料理のレストランのステーキをテイクアウトして、ホテルの部屋で食べました。

GR019549

テイクアウトでも綺麗に盛り付ければこんな感じ。

お皿の右側手前にステーキ、左側手前にグアカモーレ、ステーキの後ろにサラダ、その横にポテトフライ、ポテトフライの手前に中南米の郷土料理タマル。
(さらに…)

アメリカのハンバーガー。

アメリカへ行く時に外せない料理はハンバーガーです。アメリカ全国どこに行っても美味しいハンバーガーに出会えると思います。

GR019531

ちょっとだけオシャレなハンバーガーを食べました。サラダや爪楊枝は本来それ程重要ではなく、このパティとバンズの相性が最も大事です。

アメリカのメキシコ料理。

一週間、アメリカ出張でした。今回はカリフォルニア州南部のロスアンゼルスに行きましたが、メキシコ国境に近いせいか、メキシコ料理がとても美味しいです。

GR019529

仕事は学会だったのですが、昼休みの時間は限られています。でもせっかくのアメリカなので、アメリカらしい料理を食べたいものです。
(さらに…)

WBC2017の準決勝、アメリカ対日本戦を見ました。

先週のアメリカ出張で、ロスアンゼルスに行きました。タイミングが合ったので、なんとWBCの準決勝を見にドジャーズスタジアムに行きました。

GR019542

遠目で見えませんが、元ドジャーズの投手の野茂英雄氏が始球式を行いました。ボールを渡したのはラソーダ元監督。

昔の球場の雰囲気が残っており、楽しめました。
(さらに…)

Swift Playgroundsが日本語化されました。

プログラミング教室にも通い、プログラミンが得意、と文集にまで書いた息子テル。

iOSのSwifts Playgroundsをやらせていました。

GR019376

しかし、アプリが英語だったため、問題の説明や課題がわからず、父の私が横で説明する必要がありました。それ自体は問題ないのですが、必然として質問も多くなり、父がつきっきりでないとできませんでした。

(さらに…)

iPhone 7と7 Plusの(Product)RED。

Appleの(Product)REDは10年続いていますが、エイズ支援の基金になる仕組みです。

今まではiPod等がありましたが、iPhone事態の色が赤いのは初めてのような気がします。

iPhone (RED)

(さらに…)

小さめのセンサーのカメラの使いどころ。

現在のカメラは大別して二種類かと思います。

手軽に写真が撮れるスマートフォン(以前はコンパクトカメラ)と、プロの仕事でも使える高性能なカメラ。

一昔前まで携帯電話のカメラでまともな写真は撮れませんでしたし、フォーサーズ規格もセンサーが小さいという事で蔑まれていました。

一方で、同時期にAPS-Cセンサーが主流でした。NikonもCanonもPentaxもSonyもAPS-Cがいかに良いか、というマーケティング戦略を続けていましたが、フィルム時代からのユーザーがそのサイズを求めていました。当初は一部のメーカーの高価なカメラだったフルサイズ機が、今となっては大手メーカーはフルサイズのセンサーをラインナップに備えているのが一般的です。

そして今の時代の「フルサイズ」が中判センサーカメラになっているような気がします。
(さらに…)

カメラテクノロジーの10年。

カメラのテクノロジーの進化が凄いです。10年程前の最新のカメラに、Sonyのα900がありました。フルサイズでファインダーが物凄く明るい、しかしとても重いカメラでした。フラグシップと呼べる重厚感です。

そのカメラと比べて、今のマイクロフォーサーズはどうですかね。同等レベルではないですね。

Olympus E-M1

当時のフルサイズがおよそ2400万画素で、今のE-M1markIIは2000万画素です。
(さらに…)

Sony RX10ivは出るのでしょうか。出るとしたら・・・。

望遠レンズを買って一眼カメラで使うのもいいですが、広い範囲の焦点距離を持つRX10系も面白いと思います。

RX10からRX10iiにかけて、レンズとボディは変わらなかったですが、動画機能が向上し、EVFの解像度が高くなりました。

RX10iiからRX10iiiになって、焦点距離が伸びました。次機種となれば色々と良くなっていくのでしょうか。
(さらに…)