ミラーレスカメラ群雄割拠?

最近のEVFは見やすいので、色々な事ができるようになりましたね。撮像素子上の画像が目を通して見えるので、露出とか、モノクロでどう見えるとか、目の当たりにできるわけです。これ、ミラーレスカメラのメリットですね。

一眼レフのミラーですが、そこそこコストがかかりますし、機構的な調整も必要とするのでミラーレス機の方が製造コストは低いハズなんですよね。ペンタプリズムも性能を追いかけると高価になります。

このままカメラのミラーレス化が続くと、ミラーレスになる事でコンパクトになると思われがちですが、それは一部のカメラだけだと思います。プロ機が全てミラーレスになったとして、コンパクト化だけを追求するわけにはいかないからです。

そういう意味で、各社がミラーレス機を販売し始めますが、抜きん出る会社はあるのでしょうか。

キヤノンが有利かもしれません。一眼レフカメラのEOSマウントが初期から電気機構だったので、今回のRシリーズの対応にスキがありません。過去のEOSレンズが全て使えても驚きません。こうなるとレンズ資産が活かせるだけでなく、新しいレンズも使えるようになります。

その点、ニコンはGレンズが全てZシステムに使えるわけではありません。メカ的なところでマニュアルフォーカスにも難があるでしょう。レンズ資産を主たる理由にZカメラを購入する方が比較的少なくなります。

いずれにしても、キヤノンのRカメラとニコンのZカメラはソニーのアルファカメラの販売数に影響を与えるのではないかと思います。特に、キヤノンはRF28-70mm F2 L USMレンズがあります。

28-70mm F2

F2通しのズームをフルサイズミラーレスで出しているのはシグマくらいです。

これはマウント径で可能となったので、同様のマウントのニコンにもできます。ソニーのマウント径はその点では少し小さいですね。

いくらソニー機が売れていようと、キヤノンユーザーの方が圧倒的に多く、かつ長年のキヤノンユーザーです。そういう方がミラーレスに流れるのならばキヤノン→キヤノンでしょう。

後、パナソニックの存在が不気味です。同社もフルサイズのミラーレスカメラが噂されていますが、そのパートナーシップからLeica SL的なパナソニック機が出たら欲しいです。

Leica SL

Leica SL自体、凄く良いスチルカメラです。そしてGH5やGH5Sからわかるようにパナソニック動画機能はピカイチです。この2つが同化したら鳥肌が立ちます。レンズもSLマウントで共用できたら恐ろしいです。

とは言え、ユーザーシェア的にキヤノンの方がまだまだ多いです。全ての項目で一番ではなくとも、キヤノンユーザーにとってキヤノンのミラーレスは買うに値するものであると思います。カジュアルに使う方もキヤノンユーザーが多いですからね。そういう方にはRF24-105mm F4 L IS USMが最適なのではないでしょうか。画角範囲、ズーム比、サイズ、価格、性能、全てがちょうどいいと思います。

ニコンにしても、キヤノンと比較するとレンズと使い勝手で一歩譲るかもしれません。

ソニーはこれらのカメラの出現でシェアが落ちそうです。レンズマウントに限界を感じて新しいレンズマウントを開発するのでしょうか。そうなったらユーザーはまたレンズを変えなければいけなくなります。ミノルタのカメラ部がソニーに吸収されてから、ソニーのカメラは短期使用な目線が目立ち、ラインナップで全てのレンズを使わせる姿勢とこだわりがキヤノンとニコンより薄く感じます。アルファの一眼レフのカメラもありましたし、トランスルーセントカメラと言うのもありましたね。

意外と話に聞かないのがカメラのハンドリングですが、その点はニコンもキヤノンも定評があると思います。エルゴノミクスというか、なんというか。このあたりは触ってみないとなんとも言えませんが、両社の一眼レフからすると、一日の長があると思います。

現時点での予想は
キヤノン > ニコン > ソニー > 富士フイルム > パナソニック > オリンパス
でしょうか。ライカはマーケットが異なります。

その内、ミラー有りのカメラを知っている人口が減っていくと、『ミラーレスカメラ』という単語が無くなって、『レンズ交換式カメラ』で落ち着いてもいいのではないでしょうか。

娘ハルと二人で過ごした五日間。

息子テルが東京に行って数日間、娘ハルと二人で生活しました。お兄ちゃんのいない数日間、ハルと向き合う事ができ、また息子が手伝ってくれた事も多い事に気づきました。

平日は学童保育に行き、お弁当などを用意しました。

普段はお兄ちゃんと帰って来てくれますが、この時は毎日夕方にお迎えしました。

まだお風呂も一緒に入ってくれる。お手伝いもたくさんしてくれる。

何より大きかったのは、一人に集中できるので、お話しをちゃんと聞いてあげられる事。そして、その話をちゃんと踏まえて次の話ができます。

子供二人だとそれぞれの話を聞く必要があり、それぞれの話に対しては別々の集中力が必要となりどちらの話もそう深く思考できません。

GR020059

いつも一緒にいるのに、何だかハルの事をもっと知る事ができたような気がしました。思えば、お兄ちゃんは妹が生まれるまで一人の時があったけど、ハルは最初からお兄ちゃんがいたもんね。

お兄ちゃんが妹に勉強を教える。

我が家の光景。父がご飯を作っている間に宿題やお勉強をしています。

GR020103

お兄ちゃんのテルが妹のハルにお勉強を教えてくれる事があります。

答えを直接言わずに考えさせるように教えたり、間違えても『違う』と全否定せずに「そういう考え方もあるけれど、質問はこう問うている」的な優しい教え方です。

息子テル、一人で東京へ。

息子テルが夏休みの合宿へ行くために、一人で新幹線に乗って、東京まで行きました。じいじとばぁばの家と、つくばのJAXAの『銀河教室』なる合宿です。

東京へ行く前に、車内で食べるお弁当を買ったのですが、最後まで悩んでいました。結局、中華の油淋鶏丼にしました。おまけに春巻を付けました。

GR020100

いってらっしゃ~い。東京駅でお迎えは必要だけど、一人で新幹線に乗るのはへっちゃらです。

お見送りの後、妹が泣いてしまいました。

iPadで読み物。

何かを書く時は好んでiPadを使いますが、読むことがとなるとほぼiPad一辺倒です。

漫画、ブログ、SNS、記事、雑誌、新聞ニュース、KindleまでもiPadで読んでいます。読まないのは教科書くらいです。

よく使うアプリはInstapaperです。ネット上の記事を保存できるのですが、とても使いやすく読みやすいフォーマットにしてくれるので私に取っての「インスタ」はこちらです。(実際、こちらの方が発売は早い)

面白い記事を読んだ時は、メモを取るのですが、紙のノートに取る事が多く、そのメモを見ながらブログ記事や書き物に発展させます。デジタルメモはAppleのNotesアプリかネット上のScrapboxを使います。

iPadのみでデジタル関連の事を全てできる日は近いです。

Nikon Zのレンズについて考えてみる。

Nikonはカメラメーカーであると共に、レンズメーカーでもあると思います。レンズ大好きな私としてはレンズメーカーとしてのNikonに興味があります。

50mm F1.8

Nikon Z7

他のミラーレスカメラに先行されていますが、Nikonはそれらを真似する事なく、自社のカメラとレンズの限界に対して真面目に取り組んだ結果と考えます。

(さらに…)

Macbook Airの将来について考えてみる。

MacbookとMacbook Air、Macbook Proとノートパソコンがありますが、最も小さく・軽く・薄く・安いノートブックはMacbookであり、Macbook Airではありません。昔はMacbookと呼ばれるパソコンが一番安く、Macbook Proはその上、という位置付けです。

普通に考えて、Macbook Airは10年程前のパソコンですので、いずれ生産終了となり、MacbookとMacbook Proという二つのノートパソコンのラインナップとなると思っていました。そうなるとスッキリします。

(さらに…)

Nikon Z7とZ6が発表されました。

発表されましたよ。Nikonの新しいミラーレスカメラが。

Nikon Z7

Nikon Z7とZ6だそうです。スペックとかはZ7が高解像度機、Z6が普及機、といったところでしょうか。

やっぱり、Nikon FからF3、F6、D200、D700、D810、Dfに到るまで、ニコンのカメラのメカのデザインは素晴らしいですね。エルゴノミクスはSonyやFujiFilmと比べて一日の長があると思います。
(さらに…)

Macbook Pro 2018、新製品です。

Macbook Proが更新されました。

Macbook Pro

CPUがcorei9と言うのもあるのですが、キーボードも更新されているみたいです。本当に不具合が解消されているのでしょうかね。私のMacbook Proは1世代前のキーボードなのでそれなりに神経を使っています。元々結構物持ちがいいのですが。

テルとビリヤードをしました。

昭和レトロな銭湯に行きました。同じ場所にゲーセン、バッティングセンター、ビリヤードとあったのですが、一通りやりました。

GR020086

テルと数試合やりましたがかなり追い込まれました。私の集中力が低下し始め、テルがコツを掴んで上達した2試合目が一番危なかったです。

Nikonのティーザー動画にレンズの動画が増えました。

『そろそろレンズが見たい』と思いました。

Nikonのティーザー動画にレンズの動画が増えました

過去のレンズとして出てきたのがNoct-Nikkor 58mm F1.2でしたね。
(さらに…)

テルとタイガースアカデミーに参加しました。

抽選で当たったタイガースアカデミーのキャッチボール。元タイガースのプロ野球選手に教えてもらいました。

GR020078

親子でキャッチボール、スピードガン、ストラックアウトなど色々な催しがあってテルも満足していたようです。

キャッチボールは子供がピッチャーのように投げる手解きを受け、

スピードガンはフォームや投げ方に対してアドバイスをもらってスピードが上がり、

ストラックアウトはコントロールのコツを教えてもらいました。

プロに教えてもらって意識が変わったかな?

WRO(ワールド・ロボット・オリンピアード)大阪大会2018。

今年もWROの大会がありました。WROとはワールド・ロボット・オリンピアードの略です。

GR020068

先生が気前よく教室を連日開けてくれ、1人で電車に乗って通ってはチームメイトとロボット作りとプログラミングに励んでいました。

WROは自律型ロボットによる国際的なロボットコンテストです。

世界中の子どもたちが各々ロボットを製作し、プログラムにより自動制御する技術を競うコンテストで、市販ロボットキットを利用することで、参加しやすく、科学技術を身近に体験できる場を提供するとともに、国際交流も行われます。

それぞれの地区で大会があり、そこから全国大会が金沢であります。今年の世界大会はタイであります。
(さらに…)

INFOBAR xvが発売されます。

2003年10月にau Design projectから初代INFOBARが誕生してから今年で15周年。これを記念した携帯電話 INFOBAR xvを2018年秋に発売するそうです。

ワタクシ、INFOBAR2を未だに使っていますが。

「au おもいでケータイグランプリ」で初代INFOBARが1位を獲得したそうな。

そしたら“>15周年を記念してINFOBARのガラケーが新しく作られる事になったそうな。
(さらに…)

ハル、『1日をやり直したい』。

週末。プールに行きたいと言っていた娘ハル。

父、計画を立てました。

8時:お兄ちゃんのクラブ活動開始
9時〜10時:父とハル、お兄ちゃんのクラブ活動の担当
10時:ハルとプールへ向かう
10時〜12時:ハルとプール
12時:お兄ちゃんのクラブ活動終わる
12時:3人でお昼
午後:お兄ちゃんの眼鏡修理とお習い事でギチギチのスケジュール

ところが。

10時の時点で『帰ろうか』と誘うと、お兄ちゃんのクラブ活動でクラスメイトのお友達と遊ぴに夢中で『ムリ。』と一言。

そのまま12時になりました。お昼ご飯を作ろうと帰り道に
『プールは?』
と聞いてくる娘に
『プールの時間は消えたよ。お友達と遊んだから』
と伝えるといきなり号泣。

GR019745

(写真はその時のものではありません)

『お父さん、誘ったよね?その時何て言った?』
と確認すると、思いのほか状況を把握しており、

『今日一日をやり直したい〜』
とずっと泣いていました。

という事で、娘に甘い父。お兄ちゃんと相談して、以下のようにしました。
(さらに…)

Macbook Proを親指シフト仕様にしました。

数年前から親指シフトを使っています。

仕事の入力は自分のパソコン使っている時は100%親指シフトです。共用のノートパソコンとかがあるので、それらの設定は通常のローマ字入力です。この文書で使っているのはもちろん、仕事でのメールや報告書にも親指シフトを使っています。

初めてキーボードに触ったのがローマ字入力だったのですが、今や親指シフトの方が早く、そしてミスが少なく打てます。快適です。

使用しているのはNICOLA配列で、キー配列は以下の通り。

上例は同じ側の親指キー使い、濁音は反対側の親指キーを使用します。
(『お』と打ちたければ『と+親指右変換』、『ど』と打ちたければ『と+親指左変換』、といった具合に)

カナ入力よりも濁音とかまでワンストロークで打てるので親指シフトは快適です。

仕事パソコンはWindowsなのですが、Macで使っているソフトはLacailleと言います。

キーボードは親指シフト専用のものではなく、普通のキーボードなので、親指左変換を『英数』キーにして、親指右変換は『かな』キーに設定しました。

もちろんローマ字は今まで通りローマ字入力で。シームレスに行き来できますよ。