サッカーについて。

なんか長い間書いていないような気がする・・・・・・。試験とか採点とかいっぱいあったからね。
そろそろカナダも暖かくなって来たことだし、いよいよサッカーが出来るくらいになりました。実は今ボクはクイーンズ大学の「大学院サッカーリーグ」に参加してるんです。名前は凄いんですが、実はサッカーが未体験の人たちも参加するらしいんです。まぁボクは気にしないけど。
人から聞いた話では楽しむことが前提らしい。結局その方がみんなラクだと思うんだけど。イエローカードに対してもかなり厳しいということも聞いた。試合中のカードに対してはあまり変わらないらしいけど、(FIFA)カードをもらったあと、つまり試合のあとに呼び出されるそうなのです。これは何年か前にホッケーの試合が乱闘に終わったことから提案されたそうなんだけど、とにかくなんらかの理由で退場・警告された場合、その状況を分析してからその選手がこのまま競技を続けさせるべきか、とゆうこと。
面接っぽい状況の中で審査が行なわれるらしいんだけど、このように不必要な反則を減らすためにもこれはとても大事なことだと思う。楽しむためにやってるのに大怪我でもしたら大変どころかこのリーグが作られた意味が失われてしまう。
とりあえず選手には伝えておこうかな。
そんなわかりきったことより練習に集中しないといけないんだけどね。
練習といってもただ「ボールを蹴ってる」、って感じなんだけどね。未体験者には早くボールに慣れて欲しいし、その他にもボールに慣れて早く「勘」を取り戻してほしいですね。試合も近いことなんで。
とりあえず最悪の試合になることは目に見えているんだけど、相手も勘が戻ってないことだろうし、トロトロした試合になることでしょう。別にいいけど、楽しければ。
一応オレは選手権マネージャー権監督だから。とはいえ、役割分担されてるので一人辺りの仕事はラク。ただ、時間的に一番融通のきくオレが第一監督なわけ。偉いとかサッカーがウマイとかじゃなくて、なにかあったときに一番早く研究を止めて色々やるのはオレが一番早く出来るから。他のみんなは大体修士論文を書き上げているか、博士課程にいるので比較的時間がないことからオレが選ばれた、って感じ。
最初の試合は五月四日だ~!!相手は経済学部。強いんだろうか。
オレはレフトウイングでラインをエグってやるぜ。左利きなんで左サイドからのクロスボールばっかやっていたなぁ。それは15年たった今でも変わらない。えぐりえぐり。
足も比較的早くて、スタミナにも自信あったからフィールドの左側を走り回っていたな。どっちかっていうとアシストばかりしていたんで、点はあまり取っていない。テクもそれほどないんで、一つだけ技を覚えてそればかり使っていた。
名前は解からないけど、「またぎ抜き」とオレは勝手に呼んでいる。
二種類あるんだけど簡単に説明すると、一回足でボールをまたいで、そのあとにもう片方の足でボールをまたぎの反対方向にちょこっと蹴る。すると大体相手は先読みをするので、一回目の「またぎ」に合わせて動きます。これが一つめなんだけど、ドリブルとかでディフェンスを抜くときに使える。もう一個は、ボールを蹴るつもりでまたぐ。すると相手はその動きに合わせるので一瞬だけど「間」ができる。そこで改めてもう一回蹴る。こちらの方は特によく使っていた。なぜならこれを使えばクロスボールが簡単に入れられるからね。
もちろん、このように簡単にはいきません。でも一回ひっかかってくれれば、次回からは相手も警戒するので、ディフェンスは後手になります。するとノーフェイントでも比較的ラクに抜けます。フェイントを警戒してるので。
なんか口で言うと簡単に聞こえるなぁ。実際は凄く確率低いんだよね。十回やって一回成功すれば良いほうなんだけどね。
そもそもオレがこのフェイントを始めたのは1990年から。フィーゴっていうポルトガル人選手が一回国際試合でやったんだ。そのプレイはゴールにはならなかったけど、強く印象に残ってしまった。ポジションが一緒だったんでオレがよく試合で経験する状況だった、っていうのも注目する要素の一つだと思う。
最初は見よう見真似でやっていた。でもどうしてもフィーゴのようにならない。試合でも試してみて結構チャンスを無駄にすることも。でもある時とうとう完全に「フィーゴ流」を諦めて自分のやりやすい形でやってみたら、いつの間にか試合でも使えるようになった(十分の一の確率だけど)。あの時は嬉しかったな。
(試合には負けたけど。とほほ。)

葬式について。

今一度考える。自分の葬式。うちのおじいちゃんは自分のお墓の前で写真なんかとっていたけど、ボクもそうゆうのしたいなあ。自分の葬式も見たい気はするけど・・・それはとりあえず無理とします。
まあボクの意志とは無関係に葬儀は進められていくんでしょうね。
そこで何人か涙を流してくれる人がいるなら、ボクの一生は成功と呼べるかもしれない。
しかしどんな葬式が行なわれるのかな?
今一度考えてみる。
普通の葬式は嫌だ。いわゆる「そうしき」というやつ。小さい頃から人と違うことをしてきたんだから(洋服、聴く音楽など)、葬式で当たり前のことをやったらそれまでやっていたことが意味を無くしてしまう。
しんきくさい、とゆう印象が強い。
かといって、サンバ・カーニバル的にゴーゴー踊りされるのも嫌だ。
理想を言うと、「宇宙葬」がいい。ロケットの操縦室に入れられ、大気圏を越えてからドームっぽいガラスの棺に入ってるボクが宇宙に放出される。銀色の宇宙服を着せられてただようボク。かっちょいい!!
将来的には「人類初の宇宙葬」って紹介されて、宇宙観光客が訪れるかもしれない。
いいアイディアだと思うけど・・・宇宙なら保存もいいよネ?
こうゆうことを家族と話すとバカにされるのでまだ話してない。親父は「まぁ君の好きなようにやりなさい」と言って相手にしないし、母親は「あんたやっぱり普通にした方がいいわよ」って言うだろうし、弟に至っては「・・・・」と言って部屋から出そうだし、無駄な労力を避けるためにまだ言っていない。
ニュースで見たんだけど最近では「ハイテク葬」とゆうのもあるみたいです。なんかレーザーのトンネルの中を棺桶が通って行くんだって。あれはなんか嫌だなあ。

日本のテレビ。

ボクは日本のテレビ番組は好きです。しかし、やはり少し疑問に思えてしまうことがあります。
まず、バラエティー番組を見ているときに、たまーに(とゆうか頻繁に)出てくる文字はなんですか。
ありますよね、ヘイヘイヘイとかでゲスト、もしくは松ちゃんがなにか面白いことを言いますよね。
そこで出てくる「字幕」みたいな文字ですよ。
あれは一体なんなんだぁ~??!!
まるで「ここで笑わなきゃいけないんですよ」って言ってるみたいじゃないですか。
例えば、(自分にとって)それほど面白くないギャグとかでも、そういう暗示みたいなものにかかって笑えっていうのか?
う~ん、皆さんどう思います?
こうやってテレビにおどらされてる人って結構いると思うんだけどなぁ・・・確かに面白い番組は沢山あるんだけど・・・これは番組の裏側に対するグチになっちゃうんでしょうかねぇ。
さらには、あの「団子三兄弟」ってゆう唄は一体なんなんだあああああああぁぁぁぁ!!!??
テレビ、とゆうかマスコミにもおどらされねばならないのかぁ?
「今巷で流行ってるから」とか「皆が聞いてるから」とかゆう理由で聞いてるんだろうか?
だったらそれは絶っーーーーーーー対よくないですぞ。もっと自分で物事考えようよ。
芸能人や同級生が皆水虫だったら自分もうつさせてもらいたくなるんでしょうか?違うでしょう。
芸能人や同級生が皆ふんどししてたら自分もしますか?違うでしょう。
芸能人や同級生が皆電磁気学演習のビオ・サバールの法則を知ってたら自分もそれを勉強しますか?違うでしょう。(ちょっとしつこいかな)
「流行りに乗る」ことに反対してる訳ではないんです。ただ、乗る前にちょっとでいいから考えてくれ~。

思い出し笑い。

「思い出し笑い」ってする人としない人っていますよね。ボクと弟は結構します。突然「うぷぷ」って笑ってしまうことはしばしば。頻繁にすることがまたいけない。
思い出し笑いする人ってエッチだってゆうけど本当だろうか。
「想像笑い」というのもあります。
え~、この「想像笑い」とゆうのは自分の頭の中で勝手にアホなことを考えて「うぷぷ笑い」をすることです。
例えば、象さんがハンモックで寝てるのを想像して、あんなのあったら面白いなあ、と思いながら笑ってしまうことです。
う~ん、こうゆうことは皆さんあまりしないんですかねぇ?
話はまったく変わりますが、時々自分自身を見られないことに対してむかつくことがあります。自分に一番近い人間はやっぱり自分なのになぜ見られないのか?(鏡はダメ。あれは偽物。左右対象だし。)
もちろん写真もだめです。
どちらかとゆうと人は自分の顔よりも「手」の方を見ますよね、普段の生活では。でもやっぱり自分を
見ることができないんです。
まあ自分の「臭い」に関しても同じ事が言えますよね。自分ではやっぱりわかんないんですよ、口臭とか
体臭とか。だからちゃんと気にした方がいいんじゃないかな。
きっと他人にならない限り、自分の臭いは分からないんでしょうね。自分を見れないのと一緒です。

ギター。

ギターはヘンな楽器です。なぜ現代の音楽にこれほどの影響を及ぼしてるのか事態がナゾです。
「あなたができる楽器は?」と世界中の人に聞いたらギターかピアノがナンバーワンの答えでしょう。(わかんないけど)
だから若い人ならギターを一度手にしてみてください。(若くなくてもいいけど)面白いですよ。
それはそうと、ボクは今迷ってることがある。ギターを買いたいのだが、どのタイプのギターにするか迷ってる。
フェンダー・ストラト系:実は今持ってるタイプがこれ。でももうちょっと高い奴を・・・
ギブソン・レスポール系:B’zの松本さんが持ってる奴・・・
フライングV:カッコよくない?
エクスプローラー:形がイカス
ジョー・サトリアーニ・モデル:音がサイコー。アタタカイ音です、はい。
以上。

やりたいこと。

なんでか知らんけど最近やりたいことが結構あるんだよねー。(しかも溜まる一方・・・)
車を買いたい(なんとまだ買っていない)。
プリクラがしたい(なんとまだやっていない)。
電子レンジが欲しい(なんと・・・もういいや)。
ステレオを買いたい。
ギターが欲しい。オレの古いし安いから。
本が読みたい。いっぱい。今は英語・日本語で読みかけの本が山ほどある。
ドライブしたい。
ゲームがしたい。死ぬまで。
(物理の)研究をもっとしたい。
ヨーロッパに行きたい。イタリア、イギリス、スペイン、などなど。
もっと曲を書きたい。
もっとギターの練習がしたい。
もっと音楽を勉強したい。
サッカーがしたい。
「あの」フェイントをマスターしたい。
絵をかきたい。
温泉に行きたい。
とりあえず結構やりたいことはあるんだけど、時間がない。まぁ今頑張ってできるのはギターの練習かな・・・