Back to blog

VollebackのOcean Shortsを買いました。

07/07/2021 - Posted in コダワリのモノ Posted by:

Tags:

Vollebackというブランドの海パンを買いました。

ocean shorts blue
Vollebackサイトより

この『Ocean Shorts』を直訳すると『海パン』になる訳ですが、その仕事は、岩、砂、風、太陽、サンゴ礁から肌を守ることだそうです。そのため、ウエスト、足回り、ポケットはすべてレーザーでカットされ、強度を高めるためにバータックが溶接され、シンプルにするために縫い目が接着されていますが、このショーツが技術の結晶のように見えるのはそのためです。

カイトサーファーであろうとヨギーであろうと、このショーツが制限するような動きは文字通りありません。1メートルの生地がどの方向にも1.5メートル伸びることができ、すぐに元の形に戻ります。ゴムよりも丈夫で耐久性があり、他の素材と混ぜればストレッチ性が増します。このショーツには34%のエラスタンが使用されており、信じられないほどの伸縮性があります。

この素材はもともとコンプレッションウェア用に開発されたものなので、非常に丈夫です。それを非コンプレッションウェアの形にレーザーカットしたとの事です。素材の強度は変わらないのに、体への負担は全くありません。生地は40本の針で1インチごとに編み込まれているため、通常のニット生地とは異なり、非常に高密度になっています。

このパンツの気に入っているところは水陸両用な点です。軽くて伸縮性があるので、ウルトラマラソンにも対応できます。また、マウンテンバイクや登山、ハイキングにも対応できる強度と弾力性を備えています。また、リラックスしたいときには、スウェットパンツのようにソフトで快適です。また、シンプルなデザインなので、お出かけでも着用できます。

ニットボードショーツを履いたことがない人もいるかもしれませんが、信じられないほどの強度、伸縮性、柔らかさ、軽さを同時に実現しています。エラスタンと超強靭なナイロン糸をブレンドすることで、私たちはユニークなニット素材を生み出しました。何百万もの微細なニットループにより、ニットソックスやセーターのようなソフトで伸縮性のある感触と、マウンテンジャケットのような丈夫で滑らかな手触りを両立させています。水から出ると速乾性があり、干すときにはウエストバンドのすぐ上に強化された乾燥ループがあります。

多くのショーツは水に濡れると、水用にデザインされているにもかかわらず、体にまとわりついたり、足に巻き付いたクラゲのように膨らんだりして、見た目が悪くなります。このショーツは濡れても乾いたときと同じように美しく見えます。両脚の裾はレーザーカットされた後、ボンデッドテープで補強されており、十分な重量を持たせることで、どんなに濡れても形状を維持し、ショーツが体にまとわりつくのを防ぎます。

日焼け止めと同じように、生地にも太陽の紫外線への露出を抑える効果があります。UPF(Ultraviolet Protection Factor)とは、その服を着たときに肌をどれだけ保護できるかを示す数値です。例えば、UPFが15であれば、無防備な状態に比べて15倍も肌を保護することができます。このショーツは高密度に編み込まれているため、生地のUPF値は最高の50+となっており、最大限の保護効果を発揮します。

最近はプールに行けていませんが、履いたまま行き、プール後は脱水してそのまま帰る、なんて芸当が可能かもしれません。楽しみです。

« | »