Back to blog

優れたデザインが時代を超越している理由。

11/09/2020 - Posted in iPhone 11 Pro , Web・PC・App関連 Posted by:

Tags: , ,

十数年前、Appleは新しいよりスクエア型のデザインを採用したiPhone 4を発表しました。思えば初めてのRetinaディスプレイモデルでした。新しいiPhone 12はiPhone 4と同じデザインかと思います。

iPhone 12のデザインは賛否両論あるみたいです。そのデザインを称賛する一方で、古いデザインに戻って懐古的とも取れるみたいです。しかしながら、不朽のデザインは一定の再解釈を必要としないはずです。微調整やデザインの研削、微妙な改善などです。私はiPhoneとそのデザインを、ライカのカメラに非常に似ていると考えています。

Leica M10 Monochrom

私はライカのマニュアルカメラに強いデザイン性を感じています。バルナックライカからLeica M3を開発・発表した際は、M5など少しスタイルの変わったものがありましたが、M2、M4、M6、M7とほとんど同じ外観でした。デザインが不変なのです。Leica M3の完成度は、それまでライカの模倣をしていた日本のカメラ会社にレンジファインダーカメラを諦めさせ、一眼レフカメラと言う新しいカメラシステムの発展につながった程です。そしてデジタルライカとなった時、M8、M9、M10などと不変のデザインです。

「人がブランドやブランド価値をどう感じるかは主観的なものですが、それはデザイン言語にはっきりと表れています」と、ライカのモデルQのデザイナーであるヴァンサン・レーヌ氏は言います。「ライカにとって、機能的なデザインと遺産との間には非常に強いつながりがあります」だそうです。iPhoneもまた、そのアイデンティティーを必要としていますし、持っています。だからこそ、私はiPhone 12のデザインを賞賛する事にしました。

デザインは製品のDNAそのものであり、ブランドとそのアイデンティティを定義します。それは物理的な外観や素材だけではなく、製品が喚起する何とも言えない、しかし識別可能な感覚でもあります。力のあるデザインは、人を惹き付ける何かがあるんです。人間はそもそもそういったパターン認識が非常に優れているのでず。ポルシェやライカが70年以上も続けてきた事に対して、iPhoneは13年しか経っていないのに、他社に模倣され、複製されてきたのです。しかしそれにも関わらず識別が容易です。

ポルシェやライカのデザインと同じように、iPhoneは、再発明ではなく微調整する程度しかないほど優れたデザインの製品です。思えばポルシェもそうですが、ライカも外観は似ていても現代のカメラはデジタルセンサーを備えていて中身は違うものです。iPhoneも、ボンネットの下で多くの改良が成されていると思います。そして、Appleがこのスマートフォンの製造にどれだけの労力をかけているかを認識するのは製造に携わる事がない人が難しいものです。

例えば、iPhone 4がiPhone 12やiPad Pro、iPad Airの最新版などの新しい製品のインスピレーションとなっていることがよくわかります。また、iPhone 4は故スティーブ・ジョブズ氏の手によって開発・発表された最後のiPhoneモデルでもありました。そして、スマートフォンでの写真撮影が一般化し、メールや買い物、SNSなど生活を一変させた製品でもありました。

このようにiPhone 12と過去について考えることで、私は2016年に発売されたiPhone 4の解釈であるiPhone SEのことを考えていました。私は仕事で使っていたiPhone 5を思い出すと、サイズ感的に一番良かったと記憶しています。

iPhone 4も凄かったですが(妻が使っていた)、初代iPhone SEが完成されたデバイスと思っていました。指紋読取装置も素早く、カメラも十分な性能を持っており、バッテリーも十分でした。4Gも大変良かったです。ディスプレイは素晴らしく鮮明でした。そして重要な点として、iPhone SEは片手で操作するために設計されたデバイスでした。現在私はiPhone 11 Proを使っていますが、私の小さい手にはそのサイズは今一つ大きく感じるのです。

そして、iPhone 12についてはまだ購入の決心がついていない状態です。妻のiPhone 7が調子悪いとの事なので、現在のiPhone 11 Proを妻に下取りしてもらって自分は新しいiPhoneを買おうと画策しています。しかし、最近は外出は控えるようにしているし、家にいる時間が長いのでインターネットの速度も不満がないので5Gは必要なさそうです。iPhone 12 Proのカメラも11と大きく変わらなく、ましてや私の場合はiPhoneの27mm相当の画角の写真を撮る時は、GRを使うのでiPhone 12 Proへのアップグレードには、まだ乗り気ではありません。

注目しているのはiPhone 12 Miniです。机上のサイズは初代のiPhone SEよりも少し大きいです。iPhone 12 miniは初代iPhone SEと比べて、飛躍的に性能が上がっていてより多く機能を搭載しています。まずい事にiPhone 12 miniには新しさの魅力があるんです。もう少し小さく、初代iPhone SEと同じくらいのサイズだったらなぁ。

« | »