Back to blog

2020年のiPad Air。

11/02/2020 - Posted in Web・PC・App関連 Posted by:

Tags: , ,

iPad Air

私の個人的なiPadは長らく2013年のiPad Airです。今では普通のiPadですら私のiPadよりも高性能で、私のiPadはiPadOS14の最低ラインのマシンになってしまいました。この新しいiPad Airは、現行の11インチProに限りなく近づいた見た目と感触を持っています。

2018年と2020年の11インチiPad Pro(第1世代と第2世代)は、カメラシステムはさておき、サイズと形状がまったく同じです。新しい10.9インチのiPad Airは、カメラシステムをひとつのみ搭載しており、2018年の11インチiPad Proとほぼ同じで、フラットな側面、丸みを帯びた「エッジ・トゥ・エッジ」ディスプレイ、ホームボタンのない基本的なインダストリアルデザインを採用しています。AppleのiPad比較ページを見ると、新しいiPad Airと両世代の11インチiPad Proは、1ミリの10分の1まで高さと幅が同じであることがわかります。サイズのわずかな違いは、新しいiPad Airの方が0.2mm厚いくらいです。そのため、新型iPad Airは11インチiPad Proと同じMagic Keyboardにぴったりと収まります。

11インチのiPad Proと並べてみると、新しい10.9インチのAirのディスプレイを囲むベゼルがわずかに広くなっていることがわかります。それもそのはず、同じサイズのボディでありながら、ディスプレイが少し小さくなっているので、ベゼルは今までよりも少し太くならざるを得ないのです。実際には、横に並べて見ない限りには、わかりません。

一目でわかる唯一の違いは、新しいAirは、シルバーとスペースグレイに加えて、グリーン、ブルー、ローズゴールドというiPad Proにはない色が用意されていることです。Appleが提供してくれたのは緑のもので、魅力的なミント色です。

新しいiPad AirとiPad Proのディスプレイを比較してみると、0.1インチの対角線サイズの違いはそれほど大きなものではありません。最大の「典型的な」明るさ(500nits vs. 600nits)も、私にはそれほど重要ではないように思えます。それは、iPad ProにはProMotion(最大120Hzのダイナミックリフレッシュレートのためのもの)が搭載されているのに対し、iPad Airには搭載されていないことです。

Appleは3年以上前の2017年6月にiPad ProにProMotionを導入しましたが、まだiPad Proにホームボタンが搭載されていた時代です。 AppleがProMotionを搭載しているのはiPad Proだけなんです。

iPad Proでは、ProMotionは2つの具体的な利点を提供します。それは、よりスムーズな動き(特にスクロールやスローモーションビデオ)と、より遅延の少ないPencil入力です。高いリフレッシュレート(60 Hz以上)に加えて、ProMotionでは、バッテリー寿命を節約するために、より低いリフレッシュレートも可能になりました。例えば、30 FPSのビデオを再生しているとき、ProMotionのディスプレイは30 Hzまで低下します。

隣り合わせに並べてみると、その違いがよくわかります。スクロールは新しいiPad AirよりもiPad Proの方が、よりスムーズで綺麗です。

iPad Airの60HzのリフレッシュレートやPencilの遅延自体は、特に悪い訳ではありません。ただし、iPad Proの価値を上げているのは間違いありません。価格設定がそれを顕著に表しています。

iPad Air 10.9″ (2020) iPad Pro 11″ (2020)
64 GB 62,800円
128 GB 84,800円
256 GB 79,800円 95,800円
512 GB 117,800円
1024 GB 139,800円

iPad AirもiPad Proも、ストレージのアップグレードは64GB追加ごとに5,500円ですが、1TBのiPad Proは512GBの追加ストレージはわずか12,000円で、64GBごとに1,500円しかかかりません。AirとProの両方で利用できる唯一のストレージ層である256GBのストレージを搭載したモデルを比較すると、iPad Airのコストは、iPad Proよりも16,000円安いことがわかります。カラーオプションはさておき、新しいiPad Airと新しいiPad Proの間の決定は明らかにProMotionディスプレイ、Face ID、iPad Proのみで利用可能なより拡張性のあるストレージオプションでしょうか。

CPUですが、iPad Airは新しいA14を搭載しており、iPad ProはA12Zです。A14は6コアチップで、A12Zは8コアです。しかし、シングルコアのパフォーマンスは、A14の方が速いでしょう。GPUでさえもA14の方が速くなっています。おそらく来年には、A14をベースにしたiPad Proの新モデル(名前は「A14X」というのがはただの推測です)が登場することになると思います。

タッチIDも面白いです。

私の使用しているiPad Air2はTouch IDなんですが、iPhone 11 ProはFaceIDです。iPhoneでもiPadでも、Touch IDデバイスからFace IDデバイスに移行するのはとても簡単です。Face IDのセールスポイントは、デバイスを見るだけでロック解除できる事です。一方で、Touch IDでは何らかのアクションを起こす必要があります。センサーに指を置く必要があります。

私のiPad Air2を手に取っている時は、Touch IDセンサーには慣れていますが、やはりFace IDが欲しくなります。恐らく新しいiPad Airはタップして画面を起こすだけでもいいのですが、その時はパスコードを入力せずにTouch IDセンサーに指を置いて認証してiPadのロックを解除する必要がありそうです。iPad Air2では親指を使っていますが、新しいiPad Airでは人差し指を使いそうです。

ここでひとつ想像します。新しいiPad AirをMagic Keyboardに接続すると、Face IDの方が格段に使い勝手が良いのではないでしょうか。Magic Keyboardに接続したiPad Proでは、キーボードの任意のキーを押したり、トラックパッドの数字を小刻みに動かしたりするだけで、Face IDが認識してiPadのロックが解除されます。iPad Airでは左手を上に伸ばし、都度、電源ボタンの上に指を置かないといけません。

11インチ程度の新しいiPadを検討していて、Magic Keyboardを手に入れようと思っている人(あるいは、他のBluetoothキーボードとトラックパッドの組み合わせで新しいiPadを使う予定の人)にとっては、キーボードを使ったFace IDとTouch IDの差が、iPad AirとiPad Proの最大の差になり得るかもしれません。

ハードウェアキーボードとトラックパッドでiPadを使用することは無いか、またはめったに使用することを計画している場合は大きな問題ではないと思います。ただし、キーボードとトラックパッドを多用する場合は、いささか面倒になるような気がします。

電源ボタンにあるこのTouch IDセンサーが、iPhoneにも搭載されるのを期待している人が多くいるのでしょうが、iPhoneの電源ボタンにTouch IDを追加することはあまり意味がありません。

こういった製品は構想が発売の一年以上も前に決まっていて、そこからはひたすら量産に向けての準備がほとんどです。今の世界中情勢を想定しているはずもありません。こんなにマスクをしている時間が多ければ、FaceIDとTouchIDを両方搭載するのが合理的に感じるかもしれません。しかし、電源ボタンにあるTouch IDセンサーは、ケースに入れたiPhoneでは機能するのでしょうか?iPadと違い、iPhoneはほとんどの人がケースを使っていて、ほとんどのケースが電源ボタンを覆っています。カバーケースのボタン露出問題が解決できたとて、Touch IDとFace IDの共存はどのように動作保証をすればいいのかわかりません。認証を必要とするあらゆる状況でどちらか一方を使用することになるのでしょうか?iOSは追加のセキュリティのために生体認証の両方を必要とする新しいオプションを追加する必要がありそうです。また、ほとんどの状況でどちらか一方を使用することが許可されている場合、どちらを優先するのでしょうか。現実的に言えば、マスクをつけているときにTouch IDが使えるのはいいことですが、電源ボタンにTouch IDセンサーを搭載したiPhoneよりも、口や鼻を覆うマスクをしたままでも認識できるFace IDシステムの方がいいのではないでしょうか。人間がマスクをしていても顔見知りの人を認識できるなら、コンピュータもできていいような気ができます。限られた情報でも、その人なりの特徴はあると思います。

6万円強の64GB iPad Airは、多くの方々に最適なiPadと言えます。追加のストレージを必要とせず、Bluetoothキーボードやマジックキーボードでそれを使用する予定はない場合、62,800円は128 GBで84,800円のiPad Proよりも顕著な価格差です。11インチのiPad Proと新しいiPad Airは、通常のiPadよりもはるかに素晴らしいデバイスです。

しかし、79,800円の256GB iPad Airのターゲットは誰なんでしょうか。84,800円の128GB iPad Proよりも、この256GB iPad Airの方がいい人が本当にいるのでしょうか?128GBではなく256GBのストレージが必要だが、Face IDやProMotion、Lidarを搭載したカメラシステムは要らないという人がいるのでしょうか?

私の結論としては、64GB以上のストレージを必要としないのであれば、iPad Airはお買い得でが、64GB以上のストレージが必要な場合は、iPad Proの方が良い選択肢かもしれないです。近々iPad Proも更新される期待も込めていますが・・・。

だからこそ、iPad AirをiPad Proユーザーではない人のための製品として考えた方がいいかもしれないです。全ての人が最高級のiPad Proの機能のために費やす必要はありません。その代わり、iPad Airは、お買い得価格のiPadとハイエンドモデルの間の幸せな中間地点を埋めることを意味しています。Apple PencilとMagic Keyboardを使いたいなら、もうiPad Proしか選択肢はない、という事はありません。

« | »