Back to blog

Google Photosをめぐる大騒動。

11/24/2020 - Posted in Web・PC・App関連 Posted by:

Tags: ,

Google Photos icon (2020).svg
Google – https://www.google.com/photos/about/, パブリック・ドメイン, リンクによる

私はGoogleのファンという訳ではではありませんが、若かりし頃には無料なのに良いサービスが多く、よく使いました。今でもGmailやGoogle Sheetsなどそこそこ使っています。そしてGoogle Photosの前身の買収したてのPicasaも使っていたので少々思い入れがあります。

GoogleはFacebookほど無頓着ではなく、Amazon程こそこそしていませんが、データやプライバシーに対して表裏反覆常無しな会社であることに変わりはないです。Googleがその写真サービスの無料の無制限のストレージを終了するに対して、少し逆説の意見があります。

Googleは、2021年6月からGBの写真を無料でサーバーに無制限にアップロードすることができなくなると発表しました。サービスを利用したい場合は、15GBの容量制限を守る必要があります(比較のために、Appleはわずか5GBを無料で提供していますね)。この変更は、すでにクラウドにアップロードしたすべての写真に影響を与えることはありません。Googleは以前に機能として「無料のストレージ」を謳っていたので、多くの人はこの決定について動揺しているようです。一部の人は、サービスの「無料」の側面が、多くのスタートアップ競合他社を廃業に追いやったと考えているようですが、そこは何とも言えないです。

Googleは価格設定方針の変更を発表する中で、Google Photosに保存されている写真は「4兆枚以上」あり、かつ「毎週280億枚の新しい写真や動画がアップロードされている」と指摘しています。サービスが優良だからこそ、ここまで大きく成功することになりました。廃業に追いやったかどうかはともかく、サービスとしてGoogleの方が勝っていたのでしょう。Google Photosの方が優れていたということでしょうか。私はPicasaから見ていますが、何年もかけてサービスを磨いて良くなってきたと感じます。写真サービスでは最高レベルの顔認識機能とクラスタリング技術を有しています。何十万枚もの写真をふるいにかけ、適切な人物や瞬間を見つけることができます。Apple Photosに比べれば、その差は大きいです。それでも、私は自分の写真をGoogleに任せてたくないのです。どうしてもGoogle Readerを思い出すのです。

実際に、Google Reader廃止後、私は重要なモノの類はGoogleを信用していません。Gmailも多用しなくなりました。冷笑と言われようが、無料で何かを提供しているときには非常に注意しなければならないと思います。「只より高いものはない」とはよく言ったものです。常に見返りがあります。自問自答するのは タダであることと引き換えに何を諦めるのか?Facebookの場合は、社会構造と現実のコントロールを手放しました。常に無料の検索やウェブサイトの無料記事と引き換えに何かを手放すのです。Gmailは無料ではありません。ダイレクトメールやマーケティングメッセージが受信箱に届くので。

GoogleはNPOのような非営利企業ではありません。よって営利企業が、今まで無料で提供してきたサービスを課金しようとしていることにショックを受けるべきではありません。Googleは、今までシステムにアップロードされた写真が、そのアルゴリズムを十分に訓練させたとして、「無料のストレージ」のコストを自社払いする必要がないと判断しただけです。

ところで、オリジナルの品質(非圧縮)の写真やデジタルネガを保存したい人は、常にGoogle Photosのプレミアムバージョンを支払わなければなりませんでした。Amazon Photosに切り替えることもできます – 毎年Amazonプライムにお金を払っている限りは。世の中に無料のものは存在しません。

しかし、それ以上に重要なのは、写真や写真ストレージについての考え方に慣れる必要があるということです。写真について議論したり、写真向けの製品を作ったりしている私たちの多くは、写真を「ファイル」や「記念品」と考える古風な考えを持っています。しかし実際には、今時の写真は、視覚センサーで撮影されたデータに過ぎず、処理され、消費され、忘れ去られてしまいます。このデータは、終わりのない視覚的な流れの一部なのです。多くの世代がSnapやTikTokを使って育ち、写真や写真に対する考え方が以前の世代とは違ってきています。音楽や映画を所有することが時代遅れの考えであるように、写真はこの新しい世代のために保存するものではありません。むしろ、写真は彼らの「今」を表現するものなのです。

Googleの戦略に正解があれば、Google Pixelのスマートフォンと写真の無制限容量をつなげたところかもしれません。この戦略でデバイスへの依存を生み出すだけでなく、刹那的なビジュアルストリームを画像を通して得る事ができるのです。Appleの座右の銘であるハードウェアとソフトウェアの双方をコントロールする事と、ベクトルこそ違え、大局的な考え方は同じです。

写真を大切にする人間にとっては、その写真を保存するために金銭を支払うことは、見合った価値があります。もっと重要なのは、ウェブ上の無料のもの(少なくとも合法的には)の時代は終わったという現実に慣れることです。テクノロジー企業も営利企業です。お金を稼ぎ、利益を上げ、株を上げる事が存在証明なのです。

« | »