Back to blog

iPhone 12発表後の真のラインナップについて。

10/22/2020 - Posted in Web・PC・App関連 Posted by:

Tags: , , , ,

今年のiPhoneは4種類もあるのですが、意外とすっきりしていると思います。今年のラインナップで混乱したり複雑になったりすることがあるとすれば、それはハイエンド側にあり、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxのカメラシステムの違いです。4台目のiPhoneである12 Miniが追加されても、ラインナップを複雑にすることは全くありません。

iPhone 12 mini

実は、製品名を見ればラインナップの理解が容易です。iPhone 12は新しいiPhoneであり、ほとんどの人の最適な選択肢であることはほぼ間違いありません。フラグシップモデルという事です。本当に小さいiPhoneが欲しいのであれば何のためらいもなく、iPhone 12 Miniを手に入れるべきです。機能やスペックの面で、iPhone 12 miniはiPhoneと同じなので。同等容量が約1万円安価である事も確かですが、iPhone 12 miniを購入する理由はサイズです。低価格はデバイスのサイズよりもより意味がある場合であれば、iPhone 11 または iPhone XR といくつかの選択肢があります。または、iPhone SEという選択肢があります。

表にしてまとめてみると、なかなか面白いです。ストレージ価格は一貫しており、追加ストレージ64GBごとに5万円程です。

64 GB 128 GB 256 GB 512 GB
iPhone 12 Pro Max ¥117,800 ¥128,800 ¥150,800
iPhone 12 Pro ¥106,800 ¥117,800 ¥139,800
iPhone 12 ¥85,800 ¥90,800 ¥101,800
iPhone 12 Mini ¥74,800 ¥79,800 ¥90,800
iPhone 11 ¥64,800 ¥69,800 ¥80,800
iPhone XR ¥54,800 ¥59,800
iPhone SE ¥44,800 ¥49,800 ¥60,800
Δ 128 GB -¥50,000 +¥110,000 +¥330,000

比較のために去年の価格と比べると以下のようになります。

64 GB 128 GB 256 GB 512 GB
(2019) 11 Pro Max ¥119,800 ¥135,800 ¥157,800
(2019) 11 Pro ¥106,800 ¥122,800 ¥148,800
(2019) iPhone 11 ¥74,800 ¥79,800 ¥90,800
Δ 64 GB -¥50,000 +¥116,000 +¥320,000

まず、同じようなモデルを前年比で比較すると、通常のiPhone 12は去年の発売時のiPhone 11よりも、1万円程(正確には1万1000円)安価です。 また、去年のiPhone 11の価格とiPhone 12 miniが同価格です。繰り返しになりますが、iPhone 12 Miniはベースモデルとしてではなく、本当に小さな携帯電話を好む人々のためのモデルとして考えるのが正しいと思います。

次に、Proモデルは昨年のよりも実際には安価です。基本的な価格は同じですが、基本的なストレージが 64 から 128 GB になりました。実際に去年感じたのは、これらのiPhoneの製品名にある「Pro」がどれだけプロフェッショナルを意味しているかは置いておいて、Proを冠するモデルのストレージが64GBなのはプロフェッショナルでもデラックスでもありませんでした。256GBと512GBの層では、今年は価格が少し安くなっています。

しかし、主に取り上げたいのは、価格がずっと連続しているということです。昨年はiPhone 11と11 Proの間に3万円程度の差がありましたが、今年はその差がわずか1万円になっています。今年からiPhone 12も有機ELディスプレイになり、iPhone 11の液晶ディスプレイよりも高価であることを疑う必要はありません。5Gモデムもおそらく高価ですが、Proモデルの価格が前年比で下がっていることを考えると、最大の要因は有機ELディスプレイの価格下落であることは明らかです。iPhone 11が液晶、iPhone 11 Proが有機ELだった頃、そしてiPhone XRモデルとiPhone XSモデルの間に液晶/有機ELの差があった2018年は、価格にギャップがありました。今年は、iPhone 12の全モデルが有機ELになったことで、価格差はなくなりました。

これでAppleは現在、iPhone Xから始まったFaceIDクラスのiPhoneを小、中、大のサイズで販売しています。しかし、本当に完全なラインナップは、後2つの追加モデルを検討しなければいけないと考えています。ProではないiPhone 12仕様のMaxと、iPhone 12 Pro仕様のminiです。人によっては、それぞれ魅力的なモデルだと思います。個人的には、iPhone Pro miniがあればそれに飛び付きそうです。通常サイズのiPhone 12 Proと、iPhone 12 Pro Maxのカメラシステムの仕様に差があることを考えると、通常サイズのiPhone 12 Proの全ての機能を備えたiPhone 12 Pro Mini技術的に難しく、ある程度のトレードオフがあるかもしれません。例えば、ミニサイズのデバイスにiPhone 12 Proの3つのカメラシステムを搭載するスペースがないかもしれないので、実際にはiPhone Pro 12 miniはカメラシステムを2つにせざるを得ないかもしれません。でもこれは仮想的な遊びなので大目に見ましょう。

対して、ProではないiPhone 12 Maxは明らかに技術的に実現可能です。そう言う意味ではAppleが単に作らない選択をしたに過ぎないと思います。Appleのメッセージとしては、大きな6.7インチのディスプレイを望むならば、Proの機能や付属品(ひょっとすると余分なカメラレンズ、LiDAR、プレミアムなステンレススチール仕上げ、より洗練された壁紙など)にProの価格を支払う必要があります。

この仮想のProではないiPhone 12 MaxはiPhone Proのモデルと同じ11,000円差を想定して表にすると以下のようになります。ついでに、技術的な疑問点は残るものの、iPhone 12 Pro miniについても、iPhone 12とiPhone 12 miniの11,000円の価格差を想定して追加しました。

64 GB 128 GB 256 GB 512 GB
iPhone 12 Pro Max ¥117,800 ¥128,800 ¥150,800
iPhone 12 Pro ¥106,800 ¥117,800 ¥139,800
仮想的iPhone 12 Pro Mini ¥95,800 ¥106,800 ¥128,800
仮想的iPhone 12 Max ¥96,800 ¥101,800 ¥113,800
iPhone 12 ¥85,800 ¥90,800 ¥101,800
iPhone 12 Mini ¥74,800 ¥79,800 ¥90,800
Δ 128 GB -¥50,000 +¥110,000 +¥330,000

表を見ると、仮想的なProではないiPhone 12 MaxとiPhone 12 miniは、中央の価格の混雑が挙げられると思います。Pro MiniとProではないMaxがあると、価格帯の中心部では、少なくとも8つの構成が8〜10万円帯にある事になり、混乱を招くでしょう。

しかし、私は個人的にiPhone Pro miniが欲しいとは言え、少なくともProではないiPhone Maxモデルは商業的にあってもいいと思います。例えば、機能よりもとにかく大きなディスプレイが欲しい方は今では最高価格のiPhoneを購入せざるを得ません。ディスプレイだけ大きいのがいい、と言う方は多いと思います。しかし、Appleの歴史を見てると、大きなディスプレイにはプレミアムな価格があると言わざるを得ません。この製品価格戦略はiPadやMacBookのラインナップにも当てはまります。16インチのMacBook Airと12.9インチのiPad Airはどちらも人気があることは間違いありませんが、最大のディスプレイを搭載したより高価なProモデルの売り上げを共食いしてしまうでしょう。

しかし、そのように考えると、Pro MiniとProではないMaxという2つの「足りない」iPhoneのうち、より技術的に難しい方(Pro Mini)がいつか出てくる可能性が高いように思えます。個人的な願望も含めていますのであくまでも希望です。

私には、真のラインナップ構成を考えると、大型ディスプレイを搭載したモデルになります。ProではiPhone Maxや、iPad Air、MacBook、iMacなどです。

« | »