Back to blog

Apple WWDC発表後の考察。

07/12/2020 - Posted in Web・PC・App関連 Posted by:

Tags: , ,

AppleはWWDCにて、その開発者にとって大規模なイベントです。すべてのプラットフォームに新しいオペレーティングシステムが導入され、MacではIntelのチップからApple Siliconへの移行が行われました。

Appleがオペレーティングシステムの大幅なアップデートを行うとき、その有用性を判断するためにいくつかのことに注目しています。それは、どのような問題を解決しているのか、どれだけ使いやすいのかということです。今回の基調講演では、この両方の基準を満たしているものがいくつか目に留まった。その機能の多くは小さなものに見えるかもしれませんが、我々のデバイスをより効率的に使えるようになるのは歓迎すべき変化です。

私はApp Clipsが面白いと感じました。デバイスにアプリがないサービスを受けられない、状況は多々あります。App Storeにログインしてアプリをダウンロードしてからお金を払うのが面倒ですが、App Clipsがあれば、ストアにログインするよりも格段に早く作業は終わっています。必要な時にポップアップで出てくるだけで完了です。

App Libraryは、私が見たことのないiPhone上のアプリのページをすべて非表示にして、必要なアプリをすべて見つけることができる方法を提供してくれそうです。iOSではアプリがデバイス上のどこにあるのかわからないので、検索をかなり使っていますが、検索を使い続けるか、App Libraryを使うかは私にとって興味深いところです。

iOSのプライバシー機能が強化されたことを嫌う企業も出てくるでしょうが(Facebookとか)、Appleがプライバシーに関わることは何でも構いません。ユーザーとして、私はAppleに信頼をおける少ないIT会社です。

iOSとiPadOSの両方が改善されたウィジェットを備えています。ウィジェットが自動的に更新され、ホーム画面で利用できるようになったのは大きな改善点です。

Apple TVにもっと期待していました。これはAppleがいくつかの重要な変更を行うだろうと期待していた1つの領域でした。無料使用期間の今、私は積極的にApple TVを使って「コードを切ろう」としているので、今は特に興味があります。新しいApple TVチャンネルも、インターフェースでメディアを整理する新しい方法についての言及もありません。

私にとってmacOSの大きな魅力は、デザインの一貫性です。Appleがユーザーがあるデバイスから別のデバイスに移動しやすくしていることや、デザインやデバイスの全体的な特徴が親しみやすいものになっていることが気に入っています。macOSを長年使ってきて、とても気に入っているのですが、Apple製のものなら何でも使えて、エコシステムに属しているように感じられるのも心地良いです。

もちろん、この日の大きな発表は、AppleのチップをMacで使うことへの移行です。移行をめぐる最大の難関は、それが開発者にとってどのような意味を持つのかということでした。もしソフトウェアがなければ、ユーザーにとって移行はより困難なものになるだろう。Appleは、前回のIntelの移行よりも移行を簡単にしたように見せているが、それがどの程度シームレスになるのかは、開発者の意見を待つしかないと感じています。PowerPCからIntelへの移行の際には、サードパーティーのデベロッパにより良い環境を作っていたAppleだからこそ、今回もそれを期待しています。

この新しいMacは非常にパワフルなものになります。とても楽しみです。開発者向けにはMac MiniにiPad Proと同じCPUが提供されますが、最初のARM Macはどの機種になるのか興味がつきません。バッテリー駆動にメリットがあるMacbook Airになるのか、それともパフォーマンスを見せつける事ができるiMac Proになるのか(実は発売されてからアップデートが一度もない)、どちらになるのでしょうね。

« | »