Back to blog

Nikeではなくナイキ。

03/28/2020 - Posted in コダワリのモノ Posted by:

Tags: ,

最近でこそ少しサボり気味ですが、早朝ランのためにランニングシューズを検討していました。実は、まともにランニングできる靴を持っていなかったのです。

ランニングと言えば駅伝、と言う単純なマーケティングに引っ掛かってしまいました。

ナイキは、2019-2020年の駅伝シーズンに向け、駅伝ランナーからインスピレーションを受けてデザインされたシューズとアパレルからなる「EKIDEN PACK」を、2019年12月3日より、随時先行発売します。シューズは、レース本番からトレーニングで着用するモデルまで幅広くカバーされ、アパレルは日本のみの発売となります。

駅伝ランナーからのインスピレーションを受けた「EKIDEN PACK」は、新年に多くのランナーが駆け抜ける日本の山岳風景からインスピレーションを受けています。Tシャツ、ジャケット、タイツなどのアパレルには、東京、神奈川、静岡の名所をモチーフに日本独自のグラフィックデザインが施されています。このグラフィックデザインは、ナイキがサポートする男子の大学チームの選手がレース本番で着用するシングレットにも施されています(未発売)。シューズは、レース本番からトレーニングまで幅広くカバーされたモデルで構成されています。キーモデルであり、駅伝ランナーがレース本番で着用するナイキ ズームエックス ヴェイパーフライ ネクスト%。速さを追求し、かつ耐久性に優れ駅伝ランナーたちがトレーニングなどで着用するナイキ ズームフライ3。駅伝ランナーだけでなく、一般ランナーなど様々なレベルのランナーに対応し、日々の練習にも適したナイキ エア ズーム ペガサス 36には、カタカナで「ナイキ」とデザインされています。さらに、画期的なフォームで長距離トレーニングに適したナイキ ズーム ペガサス ターボ 2などが含まれます。

個人的には靴底の富士山マークがカッコいいと思います。隠れたおしゃれというやつです。

どこで買ったかと言うと、アメリカ出張のサンフランシスコのNike Storeで買いました。輸入なのか逆輸入なのか微妙なところです。

« | »

Related Posts: