Back to blog

SonyのRX0 IIが発売されます。

04/05/2019 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: ,

ソニーの1型センサー搭載カメラRX0シリーズの新モデル「RX0 II」が発売されます。GoProと同等機ではないと言われるこのカメラですが、画質がとても良いと感じます。

RX0 II

被写界深度もとても深くてピント合わせが必要のないパンフォーカスです。ちょっと欲しいタイプのカメラです。

RX0シリーズの撮像センサーは、1型でとても大きいで、静止画と動画も撮れます。小さな筐体は防水・防塵・耐衝撃性能が高いのにびっくりするほど小さいボディサイズです。

有効約1,530万画素のセンサーや35mm判換算24mmの単焦点レンズ(ZEISS Tessar T* 24mm F4.0)といった基本仕様は、先代RX0(2017年10月発売)と共通です。感度もISO 125〜12800(拡張ISO 80/100)も同じです。ただし、最短撮影距離が約20cmに短くなったようです。初代は約50cmなので、近接撮影の幅が広がりました。

最も大きな違いは、前モデルで固定式となっていた1.5型の背面液晶モニターが180度チルト(上方向。下方向は90度)する事です。これで自撮りや高いアングルでの撮影の幅が広がりました。手振れ補正は電子手振れ補正です。

何だかおしゃれな感じで自撮りができそうです。忘れてはいけないのが、これが1型センサーで画質がとても良い点です。

先ほど、RX0 IIの防水・防塵性能は先代と同じと言いましたが、水深10mです。びっくりなのは、チルト式背面モニターを引き出した状態でも、防水・防塵性能は発揮される点です。機構上どうなっているのでしょう。

ただじ、耐荷重性能の200kgf/2,000Nは、やはり背面液晶モニターが出ていない状態での数値みたいです。

また、4Kの動画と静止画が撮れますが、映像エンジンBIONZ Xもアップデートされており、1.8倍の高速処理が可能との事です。色再現性の向上、美肌モード、瞳AFの検出精度や速度も向上しているそうです。

初代で気になっていたのはメニューシステムで、これがRX100系列と同じなのですが、RX0系列のモニターでは文字が小さくて読みにくいと感じました。40代以上の人の多くは同じように感じたのではないでしょうかね・・・。

ただし、良いバッテリーに高い耐久性、良い画質と防塵防滴でその小型のサイズでポケットやカバンに入れて持ち歩いて、いわゆるメモカメラとして使うのも楽しいと思います。

私の撮影用途とスタイルを考えると、このカメラの出番は多そうです。動画撮影もしていきたいですし、このカメラならではのクリエイティブな使い方も模索したいです。常に携帯できる大きさもプラスですね。

また、このカメラは誰もが使え、誰もがどこにでも持ち運べそうです。サッと出して撮影できるところとても魅力的です。

« | »