Back to blog

Spingle Moveのデッキシューズを買いました。

02/04/2019 - Posted in コダワリのモノ Posted by:

Tags:

もう一足、Spingle Moveのスニーカーを買ってしまいました。

GR020223

定番モデルの白いカンガルー革同じ定番型のネイビー鹿革、そして今回が白カーフのデッキシューズ型スニーカーです。

スピングルムーヴの特色として、ソールがそり上がってアッパーを巻き込んでいる この独特のデザインにあります。見た目はもちろんのこと、 底とアッパーの結合が強く、 底が剥がれにくい、型崩れしにくい、といった機能性も兼ね備えたこのフォルムは、「バルカナイズ製法」によって作られています。

「バルカナイズ製法」とは、ゴム底と靴本体を接着し、硫黄を加えた釜で熱と圧力をかける製法で、170年以上も前の1839年に、アメリカの発明家チャールズ・グッドイヤーが発明した、まさに“スニーカーの基本製法”なのです。

職人の手作業でアッパー(本体)とソールとを接着 したスニーカーを吊り棚にセッティングします。 このとき、ぱっと見ではスニーカーは完成形に近いので すが実はまだゴム部分は柔らかいんです。 これを加硫釜にいれることによって、アッパーとソール がしっかり結合させます。

そして品質が高いのはもちろんですが、日本製であること、というよりは住んでいる国で生産されているものを買うということは、輸入税や為替の影響が少なく、高い品質のものであればあるほどお買い得のはずです。

今回買ったのは革がカーフ革ということもあり、慣れ親しんだ革となります。まだ少し硬いですが、履き込んで柔らかくしていきたいです。かかとに付いたキャメル色のレザーパーツがアクセントになっています。

GR020224

スニーカーであるため革の耐久性よりも靴底のゴムの耐久性が心配かもしれませんが、タイミングさえ手遅れでなければ、張り替えが可能とのことです。

« | »