Back to blog

OutlierのGostwyck Merino Tシャツを買いました。

01/12/2019 - Posted in コダワリのモノ Posted by:

Tags: , ,

OutlierGostwyckメリノウールのTシャツを買いました。

以前買った、最初に買ったメリノウールのTシャツと若干異なります。

GR020189

今までのTシャツは17.5μmのニュージーランド産のメリノウールで作られていましたが、こちらはオーストラリアのニューサウスウェールズ州にあるGostwyckの15.5ミクロンのシングルオリジンメリノのTシャツです。

とても柔らかくてドライなタッチです。羊毛は暑い日は汗を吸って涼しくしてくれ、寒い日は暖かくしてくれます。このメリノウールは最良の原材料を使用しています。

Gostwyckのメリノウールは、原材料を辿って製造元にトレースできるます。Gostwyck Single Origin Merinoは、オーストラリアのニューサウスウェールズ州にあるGostwyckの独占製品です。Gostwyckは、2世紀以上にわたり世界でも有​​数の高級羊飼いの住むところでしたが、過去20年間で、素晴らしい商品を生み出しているそうです。

最良のメリノを得るためには、羊を健康で大事に飼育することが必要です。そのためには、放牧する土地の環境への深い献身を必要とします。土壌や水から、空気、あらゆる面で品質を保証されているようです。

これによって作られた超高品質のメリノは更に機能的になるのは言うまでもありません。最高級パフォーマンスファイバーの品質を増幅させます。防湿性があるように、湿気を吸収している間でさえも手触りで乾いているために自然な体温調節機能があります。この素材の最大の違いは手触りにあり、細かい繊維は美しく光沢をおび、緻密でより柔らかいです。今までたくさんのメリノ製品に袖を通してきましたが、これは新しい境地と感じました。

毎年入手できるものはごく限られた量しかなく、15.5ミクロンの細さと205gsmのジャージ素材です。

メリノウールはコットンと比べて水分を吸ってくれるので、ベタつきにくいです。また、繊維が細いので空気ポケットができて断熱もできます。よって、割と広い温度範囲で快適に着れる素材です。染色の相性もいいそうで、UV耐性もあり、色持ちも期待できます。

メリノウールのシャツにハマっています。GostwyckのメリノウールTシャツは2着、黒とネイビーを買いました。とにかく着心地がとても良いです。特に、きめの細かいメリノウールの肌触りがとても気持ち良いです。

黒のTシャツは弟のクリスマスプレゼントにしました。彼も肌に当たる気持ち良さを口にしており、この体験を共有できるのが嬉しいですね。

« | »