Back to blog

Macbook Proを親指シフト仕様にしました。

07/28/2018 - Posted in Web・PC・App関連 Posted by:

Tags: ,

数年前から親指シフトを使っています。

仕事の入力は自分のパソコン使っている時は100%親指シフトです。共用のノートパソコンとかがあるので、それらの設定は通常のローマ字入力です。この文書で使っているのはもちろん、仕事でのメールや報告書にも親指シフトを使っています。

初めてキーボードに触ったのがローマ字入力だったのですが、今や親指シフトの方が早く、そしてミスが少なく打てます。快適です。

使用しているのはNICOLA配列で、キー配列は以下の通り。

上例は同じ側の親指キー使い、濁音は反対側の親指キーを使用します。
(『お』と打ちたければ『と+親指右変換』、『ど』と打ちたければ『と+親指左変換』、といった具合に)

カナ入力よりも濁音とかまでワンストロークで打てるので親指シフトは快適です。

仕事パソコンはWindowsなのですが、Macで使っているソフトはLacailleと言います。

キーボードは親指シフト専用のものではなく、普通のキーボードなので、親指左変換を『英数』キーにして、親指右変換は『かな』キーに設定しました。

もちろんローマ字は今まで通りローマ字入力で。シームレスに行き来できますよ。

« | »