Back to blog

Noctilux 75mm F1.25が発売されます。

12/04/2017 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: , ,

Leicaのレンズは高いものが多いです。その中でNoctiluxは群を抜いています。

Noctilux 75mm F1.25

理由は高解像度と明るいFナンバーの両立ですね。

Leicaはレンズ銘が明るさとリンクしています。最も明るいレンズ銘がNoctiluxです。Hektorが暗くてF6.3レベルで、ElmarがF3.5、ElmaritがF2.8、SummicronがF2.0、SummiluxがF1.4、NoctiluxがF1.0もしくはF0.95です。

なのでF1.25のこのレンズがNoctilux銘なのが少し気になります。望遠気味なこのレンズはF1.25でもNoctiluxクラスでしょうし、Noctiluxは単にFナンバーだけではなく、描写とか性能に銘を付けているのはわかるんですが・・・。気にし過ぎでしょうか。

マイクロフォーサーズのF1.2レンズはNocticronと少し折中な名前が付いています。これは流石に採用されなかったようです。

とはいえ、このレンズは解像度は高いでしょうし、色収差も少ないでしょうね。更に被写界深度は当然浅く、Noctiluxの50mmよりも浅いそうです。

価格は未定ですが、当然高いですよね・・・。

« | »