Back to blog

EVF(とOVFひとつ)を見比べてみました。

06/02/2017 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: , , , ,

私にとって、カメラ撮影時のファインダーを通して見える像は非常に大事で、覗く特に自分の中である程度の水準を達していないと写欲が落ちてしまいます。

デジタルカメラではなかなか好きなファインダーに出会えていないので、潔くファインダーの無いGRを使っている程です。

でもたまに店頭で気になるカメラのファインダーを覗いたりするんですよね。

OlympusのOM-D系で言えば、E-M1(mkII)Pen-Fがありますが、店頭などで交互に覗いて見比べてみると面白いのです。

E-M1の方が大きくて綺麗です・・・わずかな大きさの差で、感じ方が違うのですね。流石フラグシップ機、と言ったところでしょうか。同じOlympusでもPen-Fは一回り小さく、比べてしまうと解像度は同等ながらも見えでは見劣りします。手に取った感触とか、取り回し、小さいレンズでの機動性はPen-Fに軍配が上がるので、どちらがより好みで、どの機能を重視するか、で決まるのではないでしょうか。唯一今のOlympus系のEVFの不満は、画像の粗さかもしれません。

FujiFilmのX-T2X-100Fは見えは良かったのですが、AF時に画面のピントが前後して表示されるのが非常に違和感があり、悩みます。X100FのOVFはハイブリッド化されていて面白いです。

Pentax KPのファインダーは光学でAPS-Cでちょっと倍率は小さいですが、見えは私の好みで旧技術でもやっぱり光学ファインダーは好きです。

SonyのRX10系列ですが、最新のものはEVFが驚く程綺麗でした。動画撮影も想定しているからかもしれませんが、凄いと思います。mkIVで期待している位相差AF化があれば、交換レンズに大きなこだわりがないケースは広いシーンで活躍しそうなカメラで、今欲しいカメラのトップ近くに位置しています。

« | »