Back to blog

カメラテクノロジーの10年。

03/10/2017 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

カメラのテクノロジーの進化が凄いです。10年程前の最新のカメラに、Sonyのα900がありました。フルサイズでファインダーが物凄く明るい、しかしとても重いカメラでした。フラグシップと呼べる重厚感です。

そのカメラと比べて、今のマイクロフォーサーズはどうですかね。同等レベルではないですね。

Olympus E-M1

当時のフルサイズがおよそ2400万画素で、今のE-M1markIIは2000万画素です。

当時のフルサイズの方が解像度は高く、低ISOの性能も高かったです。
今のマイクロフォーサーズの方が暗ノイズに強くダイナミックレンジが高いです。
面積が1/4なのに凄いですね。

最近はフルサイズ以上の中判デジタルが一部で騒がれていますが、私には使いこなせそうにありません。そして10年後のマイクロフォーサーズと同等性能になるのではないか、と考えてしまいます。

むしろマイクロフォーサーズよりも小さい1インチセンサーの進化に興味があります。

« | »

Related Posts:

No related posts found!