Back to blog

富士フィルムX100Fが発売されました。

01/25/2017 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: ,

個人的に期待していた富士フィルムのX100Fが発売されます。

X100F

前回程の大幅なアップデートではありませんが、欲しい機能が追加されて嬉しいです。


X100Tは、既に位相差撮像素子による速いAFや、高性能な固定式レンズがあったりと非常に良いカメラですが、X100Fには高度な処理を必要とするアクロスのフィルムシミュレーションが可能です。ワタクシはX-Pro2からX100Fにアクロスのフィルムシミュレーションが欲しかったのです。グレイン・エフェクトのフィルム写真の粒状感再現も興味がありますが。

しかし、レンズは変わっていないのに、撮像素子が新しいX-Trans CMOS III」センサーとなっても問題ないのですね。ローパスフィルターレスとは言え、2,430万画素と1.5倍のピクセル数なのにレンズを変えなくて良いと言う事は先見の明があったと言う事です。ノイズも減っているそうです。

欲しい色はシルバーですかね。クラシックなのが好きです。そして新規のなるのがシャッタースピードダイヤルにISOダイヤルを内蔵した「ビルトインISOダイヤル」です。これでマニュアルに絞り、シャッタースピード、露出補正に加えて、ISO感度もカメラ側のダイヤル設定で操作と確認ができます。往年のフィルムカメラのデザインですが、デジタルカメラでも利便性があるかと思いますね。

また、X100Fと言う名称は以下のように考えていました。

ところで、X100系列の次の名称は何になるのでしょうか。最初がX100、続いてX100S、X100Tと発売されました。私は密かに「S=Second」で二番目、「T=Third」で三番目、と思っているので「X100F」として「F=Fourth」かと考えています。

当たっていると思うのですが、どうでしょう。

« | »