Back to blog

Apple Watchのセラミックモデル(Edition)が欲しいです。

09/13/2016 - Posted in Web・PC・App関連 Posted by:

Tags: , ,

新しいApple Watch、Series 2が発売されます。とりあえず、泳ぎながらApple Watchを付けられるのは大きいのではないでしょうか。

Apple Watch Edition

追加機能がGPSと防水機能と、運動する人向けのフィットネス志向が見受けられました。つまり、発売当初ではわからなかった、Apple Watchを買う人の多くがフィットネスのトラッキングが主目的、という方が多いのでしょうか。もしくは、フィットネスのトラッキングが最も購入に値する機能という事でしょうか。名称もApple Watch Sportからただの「Apple Watch」となった事も関係しているかと思います。

確かに、最上位のモデルがEditionで、中間モデルがただのApple Watch、最も安価なモデルがSportではなかなかわかりにくいと思っていました。スポーティなのはバンドで、本体ではない、と言われているかのようですね。

そのSportを冠するモデルはむしろNikeモデルかもしれません。値段は安価モデルと同じで、とてもスポーティな印象です。バンドの具合とかカスタムな文字盤やフォントがとてもNikeっぽく、同時にとてもAppleっぽいです。よく考えてみれば、AppleきCEOのTim Cook氏がNikeの取締役員でもある事から、NikeがFitbitを販売停止した頃からこのNikeモデルの構想が始まったのではないでしょうか。Nikeはソフトウェアや電気のハードウェアはAppleには及びませんし、AppleはNike程スポーティになる事はないので、双方のいいところを活かしたパートナーシップのように見えます。

個人的には全く興味はありませんが、Hermèsモデルも差別化やラグジュアリーにいいと思います。意外とゴールドモデルよりもラグジュアリーのコンセプトに合っているのではないでしょうか。価格もそれ程高いわけではないので、ブランディングの価値はあります。一方でこのHermèsモデルがあり、もう一方に前述のNikeモデルの間があるため、その他のモデルはこれらの間に位置して製品の幅が定義されているような気がします。

そう言えばいつの間にかゴールドが無くなり、セラミックがSeries 2 Apple Watch Editionを冠する事になりました。このセラミックは白ですが、金属よりも軽くかつ硬いそうです。価格もべらぼうに高くない十数万円です(ゴールドは百万超えでしたよね)。ゴールドと共に、Jony Ive氏やデザイン部隊が試したい材料だったのではないかと勘ぐっています。

例えば、この先iPhoneもセラミックモデルとか出来たらどうでしょうか?そんな発言が夢ではないと感じています。

« | »