Back to blog

LEICA APO-SUMMICRON-M 50mm f/2 ASPH silverが発表されました。

07/23/2016 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: , ,

ライカの高性能標準レンズ、APO-SUMMICRON-M 50mm f/2 ASPH silverが発表されました。

最も高性能なレンズなのですが、仕様がF2と控え目に見えるかもしれません。でもこのレンズに定評があるのはそれには理由があるのです。

光学設計に時間とノウハウを費やし、材質にもこだわり、組み立ての精度を極限まで高めたレンズなので性能が高いのです。伝統的な焦点距離であることも至極当然かもしれません。

当然のことながら絞りを通して性能が高く、最短距離で性能が変わらず、使い勝手に全く隙がありません。色消しにを極限まで高めるためにも、贅沢な材料を使用し、色収差が低いからこそ、Leica Monochromのモノクロセンサーの解像度を発揮できます。

間違いなく最高性能のレンズで歴史に残るレンズかと思います。時間と共に価値が変動する金塊よりも、確実に今よりも未来の方が価値が上がるレンズだと思います。5900ユーロを高いと見るか・・・。

色ですが、私は今回のシルバーの方が好きです。シルバーボディに合いそうですね。しかし、最も似合うLeica Monochromは黒ボディなので、考えてしまいます。私はシルバーボディに黒のレンズは許せますが、黒のボディにシルバーのレンズは違和感を感じます。それにどう合うかで好きな色と実際買うとしたらどの色にするか、変わるかもしれません。

« | »