Back to blog

Outlastの腹巻きを(また)買いました。

06/29/2016 - Posted in コダワリのモノ Posted by:

Tags: ,

以前より愛用している腹巻きですが、素材はOutlastのものが気に入っているので買い足しました。

GR019261

Outlast素材の腹巻きは、NASA開発の温度調節素材です。寒い時は暖かく、暖かい時は涼しくして、双方の季節で効果を実感しています。

Outlast素材には、2~30μmのマイクロカプセルの中に入ったパラフィンワックスで、温度調節を可能としています。体からの余分な熱を吸収し、寒くなると蓄えていた熱を放出します。冬と夏の双方の季節でも、心地良いそうです。
Outlastによると:

カギを握るのは、肌そのものの表面温度。
肌の表面温度とは、外気温や体内温度に関係なく、衣服と肌の間の空気層によって作り出される体感温度のこと。人間がいちばん快適だと感じるとき、肌の表面温度は31℃〜33℃に保たれていると言われています。

人が「快適」を感じる条件とは?

暑かったり寒かったりなどの温冷感や、蒸したりサラッとしたりなどの湿潤感は、衣服内環境に左右されると言われています。一般的に考えられる快適さのポイントとは、衣服内が「温度:32±1℃」「湿度:50±10%RH」「気流:25±10cm/sec」という条件で満たされたときと言われています。

暑すぎず、寒すぎない、理想の心地良さ。

アウトラストは、真夏の炎天下でも真冬の厳しい寒さの中でも、肌の表面温度を常に31°C〜33°Cへとコントロールしようとします。外気温でも体内温度でもなく、人間の肌そのものの表面温度に直接働きかけ、暑すぎず、寒すぎない理想の快適環境を作りだそうとします。

だそうです。

http://www.outlast-japan.com/
http://www.outlast.com/en/

« | »