Back to blog

Sonyの真の標準レンズ。

04/09/2016 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: ,

Sonyの標準レンズ、50mm F1.8が発表されました。Aマウント対応です。

FE 50mm F1.8

スペック的にはおとなしめのF1.8。派手さはありませんが、最も使いやすいスペックかと思います。真の標準レンズと思う所以は複数あります。

まず、焦点距離が50mmということ。私は50mmの焦点距離がとても好きです。実はセンサーやフィルムサイズからすると少し望遠気味な焦点距離ですが、これがちょうどいいのです。

次に、スペックが控えめなこと。スペックが控えめと言うことは、レンズ設計で無理をしていなく、写りも標準的なことが多いです。スペックのどこかを無理すると、何かが犠牲になります(コストや大きさ、重さなど)。現在の技術では良い性能が出るのは決まっているので、それ程神経質にならなくてもいいと思います。

そして、安価なこと。性能や作りに不安がでる程安いわけではなく、手頃な値段です。真の標準レンズになるためには多くの人の手に届く価格帯である必要もあると思います。

高い性能でスペックが控えめ(でも必要十分)写りがよく、軽くて取り回しが良くて安価な50mmのレンズ。これが標準レンズだ、と言わんばかりのレンズです。

標準レンズは35mmだ、と仰る方もいるかもしれませんが、50mmと35mmの違いはまた別の機会にでも・・・。

« | »