Back to blog

Apple Watchのスマートウォッチバンドの可能性。

04/25/2016 - Posted in Web・PC・App関連 Posted by:

Tags: ,

Apple Watchの爆発的な販売はなさそうですが、これからコンスタントに売れていくと思います。一部に割と新しいiPhoneと繋がっていないと動かないというところにあるかと思います。

とはいえ、これからどんどん進化していくと思いますので、ウェアラブルテクノロジーの先端を行くと思います。

そこで、今後の進化をApple Watch本体の止めとくのではなく、バンドにまで先端技術を盛り込んでいくことは可能なのでしょうか。

今のバンドはファッション性が高く、取り替えなどで大きく見た目を変えられるのが魅力ですが、アクセサリー感も否めません。そこで、バンドに電子機器やセンサーが組み込まれていたら色々できるのではないかと思います。

Apple Watchの基本機能はiPhoneのメールなどのお知らせ、時間管理、バオメトリック機能、そしてファッション性です。iPhoneを取り出すほどのことがない作業ができるのは大きいかと思います。比較的新しいiPhoneと繋がっていないと使えないところがあるため、自然と個数はiPhoneの数以上になりません。個人的にはApple Watchを単体で使えたらいんですが、通信関係が必要なため難しいと思います。基本的にWi-Fiとか3G通信をWatch単体でしてしまってはバッテリーが持たないのはよくわかるので、しばらくiPhoneとは離れないかもしれません。

iPhoneやiPadのアップデートのように、CPUの性能の向上、センサー類の向上、ソフトウェアの向上、薄型化などのデザイン変更が成されると思います。現在はバンドをつなげる部分には何も接触点はないですが、iPad Proのキーボードみたいに端子付きのApple Watchが発売されたら可能性が広がると思います。単純にバンドの面積を含めば、それだけ色々な機能を盛り込める体積があるわけです。

例えば、本体と異なるセンサーや補助目的のセンサー、予備バッテリー、GPSや他の通信機能、フレキシブルなディスプレイなど、色々と考えられます。例えば、バッテリー付きのバンドがあれば、ヘビーユーザーの方は複数のバッテリー付きバンドを持ち歩いて長く使うことができそうです。また、人によっては特殊な医療バンドによって通常のApple Watch本体では成し得ない体調管理を可能にしたセンサーも可能かもしれません。特殊な機能でなくとも、機能付きのバンドによってApple Watch本体のアップグレードを行わずに新機能を使えるようになるかもしれません。

Apple Watch、できることはiPhoneと比べて少ないかもしれませんが、結構面白い事ができそうなので今後に期待したいところです。

« | »