Back to blog

Sigmaのミラーレス用レンズ、30mm F1.4 DC DN(Contemporary)が発表されました。

02/24/2016 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: ,

Sigmaのミラーレスカメラ用の交換レンズ「SIGMA 30mm F1.4 DC DN」が発表されました。「Contemporary」シリーズで、マイクロフォーサーズ用とソニーEマウント用です。

30mm F1.4 DC DN

コンパクトを実現しながら、高い性能を誇るレンズです。何より、完全日本生産の会津製なのがイイです。

SigmaのHPより:

SIGMA 30mm F1.4 DC DN | Contemporary は、本格的な大口径レンズの楽しさをミラーレスシステムで体験できる、開放値F1.4の明るさを持つ大口径標準レンズです。大口径特有の大きなボケと、シャープで高い光学性能を堪能できる単焦点レンズの醍醐味を、最新の技術と設計思想を凝縮し、多彩な要素のバランスを最適化させたContemporaryラインのコンセプトのもとで具現化しました。焦点距離50mm付近で明るさがF1.4の単焦点レンズは、比較的人間の視野に近い画角を持ち、開放の浅い被写界深度を生かしたポートレートやテーブルフォト、絞りを絞って被写界深度を深くしたスナップや風景写真など、写真の基本となる様々な撮影法が楽しめることから昔から”標準レンズ”として親しまれてきました。マイクロフォーサーズマウントで35mm換算約60mm、ソニーEマウントで換算約45mm相当の開放値F1.4の標準レンズとしてお使いいただけます。

前玉の高屈折率高分散ガラスや、TSC(Thermally Stable Composite)」のポリカーボネート樹脂の採用やレンズ全長の短縮に色々と手を打っている点です。

ミラーレスカメラの短いフランジバックに最適な設計を行ったという「DN」レンズの新製品なので、ソニーEマウント(APS-Cセンサー)で焦点距離約45mm相当、マイクロフォーサーズマウントで約60mm相当の画角が得られます。

ただし、新しいsd Quattroには使えません。とは言え、マイクロフォーサーズやAPS-Cではこのくらいの焦点距離がとても使いやすいかと思います。

« | »