Back to blog

FujiFilm X10が気になります。

02/11/2012 - Posted in 写真・カメラ・レンズ Posted by:

Tags: , , , ,

FujiFilm X10が気になります。

金属っぽい外装、程よい大きさ、気になる富士デジタルの肌の色再現。

しかし、何よりレンズが良いと思うので気になります。フジノンレンズ、その名前だけで私はノックアウトされてしまいます(Zuiko、Leitz、Takumar、等も好きですが)。
望遠端がF2.8というのも珍しいし、これはOlympus XZ-1以来、コンパクトカメラで気になるレンズです。

操作としては、マニュアルズームリングを回して電源ONできるところは素晴らしいと思います。なんでこれがもっと前からないんだろう、とまで思ってしまいます。
更に、レンズをマニュアルズームにしたことで、電子部品やモーターを排除することができ、コンパクトにまとまっています。
同クラスのOlympus XZ-1のレンズよりも鏡筒が小さいのは私好みです。

センサーはコンパクトカメラのサイズですが若干大きく、センサー配列が富士独特のものでダイナミックレンジとノイズ低減が期待できます。

コンパクトカメラとしてはちょっと大きいかもしれませんが、何よりカッコいい。私の場合、カメラを所有する理由の半分位が「カッコいい」なんです。
レンズがカッコいい、外装がカッコいい、製品思想がカッコいい、などなど。
もっとマニアックなところだと、レンズのコーティングがカッコいい、ダイアルの感触がフィルムカメラっぽくてカッコいい、カメラの革の光沢がカッコいい、等。
FujiFilm X10の場合は、マニュアルズームがカッコいい、外観がカッコいい、フィルムシミュレーションモードがカッコいい、でしょうかね。

« | »