RicohのGRIIIxが発表されました。

Ricohが40mm相当のレンズを搭載したGRIIIxを発表しました。

フィルム時代から一貫して28mmだったGRが、ここにきて40mm。しかも35mmではなく40mmというところが好ましいです。

これわ面白いですね。40mmの焦点距離は大好きで、Ultron 40mmとかRokkor 40mmを好んで使っていました。また、手に入れたことはありませんが、Leica Minilux、Rollei B35、Contax T2(38mmですが)などが記憶にあります。デジタルではあまり縁がなかったので、これを機に使い慣れたGR系で手に入れるのも違和感なく使えるのではないかと期待しています。

発表の後に、GRIIIのページにも従来の28mm搭載のGRIIIの隣にGRIIIxがありました。

GRのレンズは、光をそのままセンサーへ伝え、画像処理をなるべくかけないように設計されていると聞きます。このレンズ断面も好きです。

40mm F2.8

焦点距離が長くなった分、コンパクトに仕上げるのも難しかったと思います。沈胴式にしてGRIIIと同程度の厚みにするのも一苦労だったに違いありません。

クロップも50mm、71mmと使えるのでなかなか面白いです。私なんかは50mmで使ってしまいそうです。もしくは、4:3や1:1で撮影するのも丁度よいかもしれません。

一方で、テレコンが発売されているので、そのままで75mm相当の画角にできます。GRIIIが28mm、ワイコン付きで21mmとなるので、GRIIIとGRIIIxだけで(テレコンで)4つの広角から中望遠の画角が揃う訳です。しかも割と画角が空いているので、まるで違うカメラを使っているように感じるかと思います。

これは面白いカメラが出ました。私は通常モデルよりかっこいいと感じているLimitedシリーズが好きなんですが、Limitedを待つか、待たずに買うか、迷いどころです。

Pentax KP J Limitedを買いました。

Pentax KP J Limitedを買いました。

Pentax KP
付けたレンズは大好きな77mm F1.8 Limitedです。コーティングが最新のHDコーティングではありませんが、生産は日本のためMade in Japanがレンズキャップに刻印されています。

ミラーレス機が全盛の今、ミラー有りの一眼レフカメラは時代に逆行しているようですが、Pentax KPを選んだのには理由があるんです。

  • J Limitedが好き。レンズもLimitedが好きなんですが、このJ Limitedの一作目が欲しかったんです。大量生産では不可能と言われる高品質な加工、塗装、パーツを用いています。このLimitedシリーズが新品で買いにくくなっています。既に生産終了しているので、市場から無くなってから後悔しても遅いんです。
  • レンズ交換式カメラにはAPS-C機が欲しかった。私にとってAPS-C機が丁度いいんです。マイクロフォーサーズが本当のデジタルスタンダードと思っています。フルサイズ機に拘っていません。
  • PentaxのレンズやKマウントレンズを多く所有している。フィルム時代から使っているPentaxなので、レンズ資産があるんです。実は、私が生まれた時に、祖父が母に買え与えたカメラがPentax MEでした。Pentaxは間接的に祖父の形見とも言えます。(祖父はNikon好きでNikon F3を持っていたそうなんですが、私にはNikonは使い難くく馴染めませんでした。残念ですが)マウント改造したLeicaレンズもあるんです。
  • 最後の方の一眼レフカメラが欲しかった。フィルムが一眼レフカメラだったので違和感がありません。機構が複雑ですがミラーの機構が好きです。今後はミラーレス機が多くなると思うので、この機械にデジタル一眼レフカメラを買おうかと思いました。
  • 望遠レンズで子供の行事を撮りたかった。これはミラーレス機でもできるんですが、望遠レンズをこれから探して買いたいと思います。今は77mmで頑張っています。

色は黒を選びました。ブルーもあったんですが、そちらはグリップが黒く、このグリップの赤が美しくて惹かれました。レンズはひとまずはこの77mmを一番使っています。大好きですから。また、50mm好きな私は、様々な50mmレンズ(55mmレンズもある)を使っています。28mmレンズはコンパクトなものを一つ持っているんですが、あまり使っていません。

いずれこのレンズには、使いやすい標準域のレンズと望遠レンズを揃えたいと思います。また、マクロレンズにも興味があります。つまり、スナップや常用に使う標準レンズ、行事に使う望遠レンズ、新たな写真表現のためのマクロレンズと、Pentax KP自体の使い方も特殊です。このカメラシステムと、Candid Photo用のカメラを使っていきたいと思います。Candid PhotoのカメラはRicoh GR Limitedだったり、Ricoh GXRとMマウントレンズだったりします。今後Candid Photo用のカメラを買い替える時には、Pentax KP J Limitedの存在のおかげで、いたずらに望遠カメラとかを考えなくていい事になります。密かにLeica Qとかがいいと思っています。Leica QとPentax KPを使っていれば色々なものが撮れそうで楽しそうです。

今は標準レンズ、マクロレンズ、望遠レンズに優先順位をつけて買いたいと思います。楽しみです。

Appleはバーチャルイベントで4つの新しいiPhoneモデルと、HomePod miniを発表しました。iPhoneの出荷と発表を合わせたかったからか、先日のApple Watchイベントとは別日になりました。過去のiPhoneイベントは9月だったので、コロナの影響を感じました。

iPhone

とにかくiPhoneの全モデルには機能が豊富で、上位機種のProとPro Maxとの差異が見受けられません。つまり、どのiPhoneを選んでも、多くの新機能とパワーを手に入れることができるということです。例えばですが、私がiPhone 11 Proを買った理由の一つはiPhone 11が液晶ディスプレイだった事とサイズがiPhone 11が11 Proよりも若干大きかったからです。iPhone ProのOLEDディスプレイと実は最小サイズだった事が決め手となったのです。今年だったらOLEDディスプレイのiPhone 12 miniで決定です。

全てのモデルには、5G、ウルトラワイド、ワイドカメラ、ドルビービジョンHDRビデオの機能、A14 Bionicチップ、セラミックシールドフロント、MagSafeアクセサリーとの互換性、その他たくさんの機能が搭載されています。

上位モデルのiPhone Pro達の機能の中には、ドルビービジョンHDRを30fpsではなく最大60fpsで撮影できる機能、2倍ではなく4倍の光学ズーム、より長いバッテリー寿命、LiDARスキャナーなどがあります。

そして、画面サイズも様々で、iPhone 12 miniの5.4インチからiPhone 12 Pro Maxの6.7インチまであります。

iPhone Pro 12を購入する理由はLiDARや標準画角のカメラですかね。

ホームポッドミニ

私はHomePodが欲しかったのですが、狭い家にそこまでの高音質スピーカーは必要ないと思っていました。このHomePod miniは日本の住宅(日本の都会の集合住宅)に合うかどうか気になります。HomePodはAmazonのEchoやGoogleのHomeと違い、ホームアシスタントのAIスピーカーではなく、高音質音楽スピーカーとして見るべきです。

更に、2つのHomePod mini部屋に置けば、ステレオペアができて、さらに良い音になります。また、このステレオ構成でAplpe TVとも接続できます。

新しいインターホンシステムも非常に面白そうです。

新しいインターホン機能は、家族が自宅でお互いに素早く簡単につながる方法を提供しています。1人の人が、別の部屋でも、特定のゾーンでも、家中の複数の部屋でも、1つのHomePodから別のHomePodにインターカムメッセージを送ると、指定されたHomePodのスピーカーでその人の声が自動的に再生されます。インターカムはiPhone、iPad、Apple Watch、AirPods、CarPlayに対応しているので、家庭内の誰もがインターカムの通知を受けたり、裏庭や帰宅途中からインターカムメッセージを送ることができます。敷地の広いアメリカでは良い機能かもしれませんね。